相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

アメリカ市民権を持っている相続人がいる場合の手続き

アメリカ市民権を持っている相続人がいる場合の手続き

日本では、二重国籍が認められていませんから、アメリカ市民権を持っているという事は、日本国籍を失うことになります。

日本国籍がない相続人がいる場合でも、特に通常の相続と変わらず相続することができます。

また、日本国籍がない子供であっても、被相続人との関係が証明されるものがあれば、法定相続人に含まれます。

通常の相続と異なる点は、アメリカ市民権を持っている相続人は制限納税義務者となり、日本国内にある財産についてだけ相続税納税義務があります。

相続が開始したら、税務署で手続きをしますが、手続きも通常の相続とあまり違いはありません。

また、日本国内で相続した財産についてアメリカで課税された場合には、日本で再び納税する必要はありません。

日本の税制は、「外国税額控除」という制度があり、外国での納税であっても、同様の税金を何度も課税しないことになっているからです。

アメリカでも課税義務があれば、日本の手続きと同時にすすめなければなりません。

相続・各種手続き、お困りごとなど「相続」に関するご相談ならお任せください!【TEL】0120-992-430(平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00)

※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税申告、お見積り・面談予約。「相続税申告」に関することはお任せください!【TEL】0120-888-145(平日9:00~20:00、土曜9:00~17:00)

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

被相続人が準備なく亡くなり繁雑な処理が多く残された中で手続きを引き受けて頂いたのですが、 書類の整理、私共への説明等それぞれに丁寧な対処をして頂き非常に助かりました。 おかげ様で遅滞なく税申告を終えられました。ありがとうございました。

無事に適正な納税が完了し、ほっとしております。いろいろとありがとうございました。実務的に住田先生には大変お世話になりました。難しい事項について、とても分かりやすく、丁寧にご説明・解説をして頂き、助かりました。 また、御社にはお世話になることがあるかと […]

安心してお任せすることが出来、滞りなく終えることが出来ました。感謝致しております。又、今後も相談事など、御指導頂きたく思っております。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る