相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

サイン証明(拇印証明)の取得方法

サイン証明(拇印証明)の取得方法

サイン証明(拇印証明)の取得方法として滞在先の海外の日本国の領事館内での取得を可能にします。

滞在先の日本大使館や、領事館で確認することが必要です。

サイン証明にも2種類のタイプがあり、しっかりと形式が分かれています。

署名を必要とする書類で(車の場合は委任状と譲渡証明書)に、 サイン証明を貼って、貼ったところに領事館・大使館の承認をもらい割り印をします。

そのため車などの売買などに必要な方は署名する前の原本と委任状や譲渡証明書も必要になります。

また日本国のパスポートや、海外での住所を証明するための住所証明なども必要になります。

外国によって、運転免許証や、賃貸契約書などでOKになりますが、このときにも各、大使館や領事館で必ず確認を行っておくことをおススメします。

インターネットでダウンロードをすることも可能です

サイン証明を海外で取るには日本から送ってもらう、もしくはインターネットにて書類をダウンロードする事が出来るようになります。

また在留証明などを持っている方、もしくは永住権を持っている方にとってはサイン証明が必要になる機会が多くあります。

そのため米国内での相続手続きの時には遺言やプロベート(probate)などにとってはサイン証明が必要になり、必ず相続の際に日本国籍の方に求められる書類になります。

日本国での契約には判子を利用しますが、他の欧米や、諸外国での契約の際にはサインが必要になります。

外国での契約

外国での契約にはすべてサインが必要になりますので、市役所や、役場にてサインを登録します。

このサインと同じサインが有効な契約になり、自分のサインでないとしっかりとした契約を行うことも出来ないためサインが大切な契約の条件になります。

自分で決めたサインでナないと有効にはなりません。

文字の形式が変わるだけでも有効か、無効か、しっかり分かれます。

詳しくは日本領事館や大使館で十分に説明を受けてからサイン証明を取りましょう。

日本では印鑑登録を登録する際にも市町村での役場での手続きを行なうことを上げることが出来ます。

登録出来ない印鑑、すでに他の方によって登録されている方は新たに登録することは出来ません。

印鑑証明書はビジネスや会社、又は大きなお金を借り入れする際にも提出を求められることも有ります。

個人を証明できる重要な書類ですが、サイン証明は同じくらいの価値がある証明書ということになります。

しっかり自分で覚えやすいサイン証明を作成しておきましょう。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る