相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

外国居住の場合の印鑑証明の代わり

外国居住の場合の印鑑証明の代わり

被相続人が亡くなり遺産相続する際に、海外居住の相続人がいる場合には遺産分割協議はできるのでしょうか。

現在ではこのようなケースも増えてきており、海外だからといってできないことにはなく、手続きも国内のものとそれほど変わりません。

まず、相続が決まったら、相続人の間で遺産分割について協議します。

分割の内容が決まったら、協議書を作成し、全員の署名と押印(実印)が必要になります。

その際には印鑑証明を添付するので、国内にいる相続人については問題ありませんが、海外居住者にとっては、住民票が日本にない=印鑑登録ができない、ということになります。

ではどうすれば良いかというと、海外居住の相続人は、その国の日本領事館に行く必要があります。

そして、印鑑証明の代わりとして、「サイン証明」をもらいます。

本人のサインであることが重要なので、遺産分割協議書には係員の目の前で署名をすることになります。

また、海外居住を証明するための「在留証明書」を取得しなければなりません。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 などでお困りの方へ
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

最初にご説明頂いた時からとても丁寧でわかりやすく、信頼することができました。 質問にも的確にお答え頂き、安心してお任せできると思いお願い致しました。 申告書等の説明も詳細にして頂きましたので、一連の手続きが終了した現在は安堵しております。 いろいろと […]

当初は自分で申告書を作成しようとしていましたが、分からない事が出たため、ご相談して依頼しました。 分からないことなどを教えていただき、不安な事も解消していただき、安心できたので、依頼して良かったと思います。

初めての相続手続をおまかせして、私達のつたない質問に丁寧にお答え頂き感謝して居ります。 相続税申告書の書類を各人に頂きまして有難うございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る