相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

海外にある財産の遺産相続手続きについて

海外にある財産の遺産相続手続きについて

海外にある財産の遺産相続手続きについてですが、ます国際私法により渉外的私法関係に対して適用すべきもの として指定された一定の法域における法である準拠法に従うことになり、基本的には被相続人の国籍のある国の法律が適用になります。

日本人が亡くなった場合であれば、日本法により相続人の確定や相続分の決定がなされることになります。

但し、いくつかの例外があり、不動産や信託財産などについては、現地の法律が優先することになります。

たとえば、ジョイント・サバイバーシップの規定によって、生存している配偶者が不動産を取得することが定められている場合には、遺産分割に優先して、ジョイント・サバイバーシップの規定によって不動産の所有権が定められることになります。

日本の場合、被相続人の銀行預金を下ろす場合には、相続関係図、戸籍謄本、印鑑証明書、分割協議書などといった書類の提出が必要となります。

不動産についても、分割協議書に基づいて所有権の移転登記を行うことになります。

また、英米系の国では、プロベイトという手続が行われ、家庭裁判所(プロベイト コート)の監督のもとに、相続財産管理人が選任され、相続財産管理人が財産の見積もりを行い、相続人に分配することになります。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初回の面談以降ずっと、相続税の扱いに非常に慣れている様子で安心できました。ほんの少しでも不安に思った事があれば、電話ですぐ対応して頂けた事も、丁寧で親身な印象を受けました。 戸籍を取りに行ったり、銀行の残高証明を取る等、自分でできる事は自分で行い、土 […]

1年で2回の相続が発生し、被相続人2人の間に存在する債権債務関係を相続税の申告にあたってどのように整理するかなど、こちらの話をよく聞いて処理していただきました。 2次(3次?)相続も念頭に、どのように遺産分割することが有効なのかもよく検討していただき […]

申告期限までに残り少ない時点での依頼にもかかわらず、担当の長津様には、千葉まで何度か来ていただき、無事申告を終えることができました。大変感謝しております。取扱件数多数、経験も豊富なため安心しておまかせすることができました。 機会があればまたお願いした […]

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る