年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

海外在住者の相続放棄手続き

海外在住者の相続放棄手続き

海外在住者の相続放棄手続き

海外在住者の相続放棄手続きとして、日本国内で連絡が取れるような環境を用意する必要があります。

故人がいつ亡くなって、どのように相続を他の相続人が考えているのか、またどのくらいの相続できる財産があり、どのように皆さんが分割を考えているのかをしっかり考えていく必要があります。

海外在住者の方も被相続人がどのくらいの遺産を残していて、遺書があるようであれば遺書の内容を確認できる環境が整っていれば相続についての判断を行うことが可能になります。

ここで相続を行う際にプラスの財産があるのか、又はマイナスの財産があるのかを十分に確認していくことで、マイナスの相続になるようであれば相続放棄手続きを行うことになります。

海外赴任などで相続放棄手続きが必要な時に

海外赴任してて住民票がなくても相続放棄はできます。

相続したい本人は、海外に住んでいようが日本に住んでいようがどこでも相続の放棄を行うことが可能です。

そのため申立書を日本の関係者や他の相続人の方に送ってもらいましょう。

また郵送をして裁判所にもって行ってもらうことで相続の放棄を行うことが可能です。

海外在住の場合、郵便事情があるので、相続放棄には郵送を含めた期間を計算します。

相続放棄の申述書の少なくとも署名や、同意書には本人のサインを必要とします。

裁判所とのやり取りは身内や他の相続人の方に行ってもらい海外までの郵送をしてもらうことになります。

遺言書の確認

遺言書は保管者又は発見者、相続人は遺言者の死亡を知った時から基本的に遅延なく裁判所に提出して、検証することを承認する必要があります。

特別に封印のある遺言書は、家庭裁判所で相続人等が近くで立会いして封をときますがこの時、他の相続人が海外にいて、遺産分割協議を行えないときには他の特別代理人を立てることも可能です。

遺産分割協議に代理人を用意することで、日本国に帰国する必要もなく申請の手続きを行うことも可能です。

相続放棄の際の大きな理由などとして、マイナスの相続などをしないように被相続人の負債を相続したくない方が相続の放棄を行います。

また経営難な会社の権利なども相続することで非常にリスクもあり、あまりおススメできません。

海外に滞在している相続人の方でも十分に相続するものを理解して相続を行っていくことをおススメします。

相続に関して専門家に相談することで、意義のある相続をすることが出来るかわかります。

初めての方で海外にお住まいの方は無料のメール相談を利用が可能です。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

外国籍の相続人の相続権と申告手続きについて

相続人が外国籍である場合の相続権 配偶者など相続人の中に外国籍の方がいる場合、相続権はどのようになるのか、遺産を相続できるのか気になるところです。 このケースのように外国と何らかの関わりを持つ相続のことを渉外相続といいます。 この渉外相続については各 […]

相続人が海外にいる場合の相続手続きについて

1.相続人が海外にいる場合 相続人が海外在住の場合、その相続の際の手続きなどにはどのような注意点があるのでしょうか?相続人が海外在住の場合の相続手続きについて、こちらで簡単にご紹介します。 近年になって海外留学や、海外勤務、単身赴任などによって海外居 […]

外国居住の場合の印鑑証明の代わり

外国居住の場合の印鑑証明の代わり 被相続人が亡くなり遺産相続する際に、海外居住の相続人がいる場合には遺産分割協議はできるのでしょうか。 現在ではこのようなケースも増えてきており、海外だからといってできないことにはなく、手続きも国内のものとそれほど変わ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る