相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

海外在住者の相続放棄手続き

海外在住者の相続放棄手続き

海外在住者の相続放棄手続きとして、日本国内で連絡が取れるような環境を用意する必要があります。

故人がいつ亡くなって、どのように相続を他の相続人が考えているのか、またどのくらいの相続できる財産があり、どのように皆さんが分割を考えているのかをしっかり考えていく必要があります。

海外在住者の方も被相続人がどのくらいの遺産を残していて、遺書があるようであれば遺書の内容を確認できる環境が整っていれば相続についての判断を行うことが可能になります。

ここで相続を行う際にプラスの財産があるのか、又はマイナスの財産があるのかを十分に確認していくことで、マイナスの相続になるようであれば相続放棄手続きを行うことになります。

海外赴任などで相続放棄手続きが必要な時に

海外赴任してて住民票がなくても相続放棄はできます。

相続したい本人は、海外に住んでいようが日本に住んでいようがどこでも相続の放棄を行うことが可能です。

そのため申立書を日本の関係者や他の相続人の方に送ってもらいましょう。

また郵送をして裁判所にもって行ってもらうことで相続の放棄を行うことが可能です。

海外在住の場合、郵便事情があるので、相続放棄には郵送を含めた期間を計算します。

相続放棄の申述書の少なくとも署名や、同意書には本人のサインを必要とします。

裁判所とのやり取りは身内や他の相続人の方に行ってもらい海外までの郵送をしてもらうことになります。

遺言書の確認

遺言書は保管者又は発見者、相続人は遺言者の死亡を知った時から基本的に遅延なく裁判所に提出して、検証することを承認する必要があります。

特別に封印のある遺言書は、家庭裁判所で相続人等が近くで立会いして封をときますがこの時、他の相続人が海外にいて、遺産分割協議を行えないときには他の特別代理人を立てることも可能です。

遺産分割協議に代理人を用意することで、日本国に帰国する必要もなく申請の手続きを行うことも可能です。

相続放棄の際の大きな理由などとして、マイナスの相続などをしないように被相続人の負債を相続したくない方が相続の放棄を行います。

また経営難な会社の権利なども相続することで非常にリスクもあり、あまりおススメできません。

海外に滞在している相続人の方でも十分に相続するものを理解して相続を行っていくことをおススメします。

相続に関して専門家に相談することで、意義のある相続をすることが出来るかわかります。

初めての方で海外にお住まいの方は無料のメール相談を利用が可能です。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

この度は姉の相続の件で色々とお世話になり、大変有難う御座いました。 スピーディーな事務手続きで助かりました。感謝しています。

〈チェスターさんへの御礼〉 約3か月で相続税の処理をして頂きましたこと、感謝しております。 最初、葬祭センターの紹介で、司法書士の方に相談をしました。その後、相続税が発生するということで、税理士さんを交えて相談させて頂く運びとなり、その時お連れいただ […]

相続の事何もわからず不安でしたが、こちらの質問にもわかりやすく答えてくださり、プラスになるアドバイスもして頂き、感謝しております。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る