年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

プロベイト手続きとは

プロベイト手続きとは

プロベイト手続きとは

プロベイト手続きとはアメリカでの主要な相続手続きになります。

検認裁判プロベート(PROBATE)遺産処理の責任者を任命しましょう。

プロベイト(検認)手続きは裁判所の決めた執行者が遺言者の有無の確認を行い申告の納税また相続人の財産の管理を行い、分割から受け渡しまでを行います。

遺言あるいは遺産分割協議で手続きが進みますので、非常に責任のある役目になりますが、相続登記によって当該財産の取得者が決まります。

そのため米国では、このように遺書を残しておくことが大切です。

遺言書の必要性

遺言書があれば遺言書に添って相続人へ遺産分配を行っていきます。

アメリカでは相続の際には遺書を十分に意識して遺言書を残した方の医師を十分に尊重します。

遺産処理の責任者を任命するとともに、遺言書を十分尊重し、遺産の内容を確認します、遺書の内容に従って手続きを行っていきます。

アメリカでの相続では税金の割合も日本と違いますので、弁護士に支払い代金も様々です。

相続の際には高いとされていますが、アメリカのプロベイト手続きにはその財産が所在する州の裁判所で行われます、遺言の有無、財産の種類や財産額、相続人の状況等により様々ですが1年から3年程度の期間を要することになり、相続の際には証拠と、遺書、また法的に問題がないかどうかをしっかり調べます。

二重課税に注意

日本とアメリカの相続税、二カ国分を支払うことが求められる可能性がありますので、二重課税を避けるために設けられている制度で外国税額控除という制度があります。

アメリカで支払う金額(相続税、遺産税)を日本の相続税から引きます。

そのためアメリカでの相続税に詳しい米国内の弁護士の専門的な知識が必要になります。

相続人が日本にいる時や相続人が日本国内に居住しているときには、日本国内の弁護士と、米国内の弁護士が、出来るだけ英語で取引をすることが大切です。

アメリカの相続税に詳しい現地のロイヤーは信頼でき、またミスがないように専門的な弁護士との契約が必須です。

すべてのコミュニケーションは英語にて行われるため、日本にいる相続人と、日本国内での弁護士や専門家にも語学力が求められ。

プロベイトに関しての経験と、実績のある弁護士が一層効果的な、相続を行うことが出来ます。

相続者がアメリカ国籍で、アメリカ在住の方には日本での弁護士の必要性もありませんが、日本語のみで手続きを進める際には日本の国際弁護士への相談が必要になります。

アメリカでは相続の手続きの時には遺言が非常に重要な効力を発揮します。

関連性が高い記事

外国籍の相続人の相続権について

相続人が外国籍である場合の相続権 配偶者など相続人の中に外国籍の方がいる場合、相続権はどのようになるのか、遺産を相続できるのか気になるところです。 このケースのように外国と何らかの関わりを持つ相続のことを渉外相続といいます。 この渉外相続については各 […]

相続人が海外にいる場合の相続手続きについて

1.相続人が海外にいる場合 相続人が海外在住の場合、その相続の際の手続きなどにはどのような注意点があるのでしょうか?相続人が海外在住の場合の相続手続きについて、こちらで簡単にご紹介します。 近年になって海外留学や、海外勤務、単身赴任などによって海外居 […]

外国居住の場合の印鑑証明の代わり

外国居住の場合の印鑑証明の代わり 被相続人が亡くなり遺産相続する際に、海外居住の相続人がいる場合には遺産分割協議はできるのでしょうか。 現在ではこのようなケースも増えてきており、海外だからといってできないことにはなく、手続きも国内のものとそれほど変わ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る