年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

昔贈与したお金に贈与税はかかる?贈与税の時効を解説します。

昔贈与したお金に贈与税はかかる?贈与税の時効を解説します。

贈与税に時効があることを知っていましたか?

時効とは一体いつなのでしょうか?申告してないことが見つかった場合どうなるのでしょうか?

今回は贈与税の時効についてまとめています。

1.贈与税の時効って、どのくらい?

昔贈与したお金に贈与税はかかる?贈与税の時効を解説します。

財産を贈与したら、必ず贈与税を払うことになっています。ところが、一定の時間がたてば、免除されます。これを時効と呼びます。

一定の時間とは、贈与が行われてから、6年です。これは、贈与があったことを知らず、申告をすることを失念していた場合です。

もし、贈与があったことに気づき、贈与税を支払わなければいけないとわかっていても支払わないでおくと、時効は7年になります。

しかし、贈与自体に気づかずに申告を忘れていたということはまずありませんから、普通は故意に払わなかったと受け取られます。したがって、7年が時効となる場合がほとんどです。

・具体例

昔贈与したお金に贈与税はかかる?贈与税の時効を解説します。

AさんがBさんに3,000万円贈与した場合。贈与税の基礎控除額は、110万円です。つまり、2,890万円に贈与税がかかります。けれども、申告もせずに放っておいたとしたらどうなるでしょうか。

そのまま、税務署に知られることもなく7年が過ぎれば、支払い義務はなくなります。これは、贈与があったとわかっている場合なので、時効は7年です。

もし、時効を迎えることができれば、税金分を得したことになります。仮に、贈与でなく相続でこの財産を与えたとしたら、数百万円の税金がかかります。

2.贈与税そんな簡単に時効が迎えられる?

生活費を家族に渡しても、贈与とはみなされません。遠方に住む息子に仕送りをしても、同じです。教育費にいくらお金がかかろうと、親は税金なしで、子供のために支払い続けます。

ということは、その生活費や仕送りに多額のお金がかかるといって、かなりの額を渡しても、税務署からは何も言われません。税務署は生活費や仕送りか贈与なのか、調べようがないからです。

この名目を使えば、贈与税を支払わなくても済んでしまいます。しかし、そうはいきません。税務署としても、見逃さない手があるのです。

・相続をしたときに、すべて判明してしまいます!

昔贈与したお金に贈与税はかかる?贈与税の時効を解説します。

所得税や住民税は、例外となる人を除いて、ほとんどすべての人が払っています。すべての人に税務調査をするというわけにはいきませんから所得税や住民税の税務調査を受ける確率はあまり高くありません。

ところが、相続税を納付する人は、数が限られています。それだけ税務署としては、調査しやすいのです。典型的な例をご紹介しましょう。

相続をすると、その財産を受け継いだ配偶者の通帳を税務署職員がチェックすることがあります。

仮にその配偶者が専業主婦であったり、パート従業員であったりします。その妻の通帳に、5,000万円もの貯金があれば、税務署職員も無視することはできません。

ふつうはそんなお金は稼げませんから、当然聞かれます。

その結果、そのお金が夫から生活費として渡されたと答えても、相続財産と取られて、相続税を払わなければならなくなります。生活費にしては大きすぎますし、余っている以上一定の財産ということになります。

昔贈与したお金に贈与税はかかる?贈与税の時効を解説します。

しかし、納得できない方が多いのは事実です。この5,000万円は、いっぺんに夫から渡されたものではないのです。にもかかわらず、夫から相続したものとして取り扱われます。

ここでまた疑問が持ち上がるでしょう。

贈与であるとわかっていて贈与を受けたなら、時効は7年のはずだと。5,000万円の大半は、7年以上も前に渡されていたお金です。なのにどうして、税金がかかるのでしょう。

それは、贈与の成立には、贈与契約書を交わさなければならないのです。贈与契約書がないと、贈与とは認められません。

昔贈与したお金に贈与税はかかる?贈与税の時効を解説します。

つまり、贈与の証拠がないので、夫が配偶者の預金口座を借りているだけの名義預金になり、5,000万円は夫のものということになってしまいます。結局、配偶者の財産だとは受け止めてもらえないのです。そのために、相続税がかかります。

これは、いくら争っても、意味がなく、あきらめるしかありません。黙って、税務署に従うしかないのです。

3.2で紹介したケースを避ける方法はある?

昔贈与したお金に贈与税はかかる?贈与税の時効を解説します。

贈与契約書がないから、贈与とは認められずに相続税を払わなければならないのですから、贈与契約書を交わしておけば、このような事態は防げます。そこで、贈与税を毎年申告すればいいのです。

ちょっと面倒くさいかもしれませんが、後で相続税を払うことを考えると、手間をかける価値はあります。多額のお金を贈与されても、贈与と認められなければ、結局は将来的に相続税を払うことになります。贈与税を払うほうがいいか、相続税を払うほうがいいかは考え方次第ですが、税金を払うことには違いありません。それなら、早く対策を取っておくほうがいいでしょう。

・具体的な申告方法

昔贈与したお金に贈与税はかかる?贈与税の時効を解説します。

115万円を他人に贈与するとします。贈与税の基礎控除は110万円ですから、5万円に贈与税がかかります。200万円以下の税率は10%なので、贈与税は5,000円となります。ここで申告書を作り、贈与税を納付します。申告書さえあれば、大丈夫です。納税した証拠になります。

申告自体は、毎年同じなので、コピーさえ取っておけば、翌年以降で申告するときに非常に楽です。

まとめ

贈与税には、時効がありますが、時効となり税金を払わなくてよい方はあまり多くはありません。

相続が発生した際に、税金を取られる可能性がありますので、時効まで何もしないのではなく、早めに対策をしておくことをオススメします。

関連性が高い記事

贈与税は誰が支払う?どうなると支払う?

「え、贈与がかえってあの子の負担に?」  贈与という言葉は「贈る側」の行動を指しますが、贈与税は利益を受ける側、つまり「受け取る側」に課されます。受贈税といったほうが、本当は正確かもしれません。  受け取る側に税が課されるということは、贈る側がうまく […]

複数の人から贈与をうけた場合

複数の人から贈与をうけた場合 贈与は、複数人から受けることも考えられます。 複数人から贈与を受ける場合には、贈与税の課税はどのようになるのでしょうか。 2つの課税制度 贈与税には暦年課税制度と相続時精算課税制度というの二つの方法があります。 暦年課税 […]

特定贈与財産とは

1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る