相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続大辞典

申請手続編

    死亡後に行う配当の受け取り手続き

    死亡後に行う配当の受け取り手続き 死亡後に行う配当の受け取り手続きとして亡くなった方(被相続人)が株を所持していた時に、その株を相続することが可能になるように相続人の方が配当金について確認作業を行うことからはじめます。 まずは証券会社との確認を行いま […]

    印鑑登録証の返還方法

    印鑑登録証の返還方法 転出や、死亡などに伴い、印鑑登録は自動的に廃止になります。 そのためお住まいからお近くの市役所や役場での窓口に変換する義務が生じます。 対象者は転出や死亡された方のみです。 そのままにしておかずに早期のうちに返還することをおすす […]

    労災で死亡した場合の手続き

    労災で死亡した場合の手続き 労災は勤労者が仕事中に業務上の事故が原因で死亡した時に労働者災害補償保険を適応することができる手続きです。 これを別名、労災保険と呼びます。 給付されるものには葬祭料と遺族補償給付と呼ばれるものが有りますが、まず葬祭料につ […]

    死亡後に行う公的年金の手続き

    死亡後に行う公的年金の手続き 死亡後に行う公的年金の手続きですが、日本国の公的年金制度は全ての成人が加入することになっています。 国民年金を基礎に申請の手続きは故人が亡くなった日から5年以内に役所の国民年金課にて手続きを行います。 公的年金制度、老齢 […]

    死亡後に行う高額療養費の申請手続き

    自己負担額が一定の金額を超え申請を行なうことによって高額医療費として支給 高額療養費に該当している方には診療した月から2ヶ月後の月末に保険年金課から、高額療養費支給申請書が自宅へ送付される事になります。 この際に必要な提出書類は国民健康保険高額療養支 […]

    年金受給権者の死亡届について

    年金受給権者の死亡届について 年金の受給権者が死亡した際には、「年金受給権者死亡届」を社会保険事務所等に提出します。 この届と「未支給年金(保険給付)請求書」がひとつづりになっているので、通常はこの請求書も提出して、未支給分の支払い請求も同時に行いま […]

    死亡一時金の請求について

    死亡一時金の請求について 死亡一時金とは、保険料を3年以上納めた人が年金を受給する前に亡くなった場合に遺族に支払われる年金のことです。 この時、遺族基礎年金の受給該当者は死亡一時金を受け取ることはできません。 支給額は保険料納付済み期間によって定めら […]

    高額医療費の申請方法

    高額医療費の申請方法 高額療養費とは、医療費の自己負担額が一定額を超えた場合に払い戻される支給金のことです。 これは同一世帯の一か月に実際にかかった医療費をもとに計算されます。 では、高額療養費の請求にはどのような手続きが必要なのでしょうか。 高額療 […]

    世帯主変更届とは

    世帯主変更届とは 世帯主変更届とは、死亡や転居などの理由により世帯主に変更があった場合に、その事実を市町村役場に知らせる届出のことです。 世帯とは、居住と生計を共にする社会上の単位のことです。 この世帯ごとに代表者となる世帯主を決めなければなりません […]

    死亡時に行う手続き

    死亡時に行う手続き 親族が死亡した時に行わなければならない手続きは、以下のとおりです。 まず、死亡届の提出です。 これは、死亡の事実を知ってから7日以内に行わなければなりません。 また、この届出がなされなければ、火(埋葬)許可証が発行されず、火葬もし […]

    <<前の10件へ  1  2  3  

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る