相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

死亡保険金の請求手続きについて

家族が亡くなった場合、死亡保険金を受け取るにはどのように請求手続きを行えばいいのでしょうか。

請求方法や必要な書類について解説します。

死亡保険金請求手続きの流れ

まず、故人が加入していた生命保険があるかどうか、どの会社に加入しているのかを確認し、保険金の受取人となっている者が速やかに保険会社に連絡します。

口頭もしくは書面で保険会社に死亡の事実を知らせると、生命保険会社から必要書類の案内と請求書が送られてきます。

必要な書類は場合によって異なりますが、主に、請求書、被保険者の住民票、受取人(請求者)の戸籍抄本、受取人の印鑑証明、医師の死亡診断書または死体検案書、保険証券などが必要となります。

これらの書類をそろえたら、生命保険会社に返送します。

書類が受理されると、生命保険会社の定めた支払期限内に保険金が支払われます。

ただし、告知義務違反の可能性がある場合、弁護士による照会が必要な場合などはこの限りではなく、支払いが延期されることがあります。

なお、保険金の請求期限は被保険者の死亡から3年以内です。
これを過ぎると、保険金を受け取る権利はなくなります。

死亡保険金請求手続きに必要な書類

先でも既に述べましたが、死亡保険金請求手続きでは主に以下のような書類が必要となります。

  • ・死亡保険金請求書
  • ・死亡診断書または死体検案書
  • ・入院証明書(入院していた場合)
  • ・治療証明書
  • ・受取人の戸籍謄本または戸籍抄本
  • ・受取人の印鑑証明書
  • ・被保険者の住民票
  • ・保険証券
  • ・受傷状況報告書

この他、交通事故で亡くなった場合には交通事故証明書が必要となります。

上記のうち、どの書類が必要になるかは、亡くなられた方の死亡状況などによって変わります。また、上記以外の書類が求められることもあります。
契約している会社に問い合わせて、何が必要となるかを確認しましょう。

身分関係の書類は、自分で集めることももちろん可能ですが、集め方が分からない、手間をかけたくないという場合には相続手続きの専門家に相談しても良いでしょう。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る