相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

共有不動産の物納可否

共有不動産の物納可否

相続税を納付する際、金銭による納税が困難であると認められた場合には、物納と言って金銭以外の財産を用いて相続税を納付することができます。

これは、金銭で納税することが困難であると認められた場合のみの特別措置です。

使用することのできる財産にも、一定の基準がもうけられており、何でもよいというわけではありません。

財産の種類によって優先順位があり、優先順位の高いものを所有していればそれを優先的に物納財産として提供しなければなりません。

優先順位の高い財産の中には、有価証券や不動産、船舶などがありますが、例えば不動産を物納財産として使用しようとする際、もしもその不動産が共有不動産であった場合、物納に使用することができるのでしょうか?

原則として共有不動産は物納財産として納付することができません。その不動産を共有している全員が各自の持ち分を全て物納するという場合にのみ、共有不動産の物納が認められることになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

こちらの要望に耳を傾けてくださり、質問にも丁寧に答えて下さったので、安心して相談をすることが出来ました。 ありがとうございました。

対応が迅速で気持ちが良かった。 初めての事で不安でしたが星野さんの人を安心させるような言葉使いに救われました。 お世話になりました。ありがとうございます。

スムーズな対応に感謝します。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る