相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

超過物納とは

超過物納とは

金銭で相続税を支払うことができない場合には、不動産や株式などの物納が認められています。

このとき物納する財産の評価金額がその相続税金額を上回る場合、これを超過物納といいます。

それでは、この超過した分の差額は払い戻されるのでしょうか。

原則として超過物納は認められていないようですが、他に物納できる財産がない場合や、残ったものが単独では価値のないものになってしまう場合などには例外として認められています。

物納申請した土地の場合では、分筆によって相続税金額と同等な土地を物納し、残地は売却すればよいのですが、分筆すると残りの土地を利用することが不可能であったり、価値が無くなってしまう場合に、相続税金額と物納価額の差額を還付金として受ける、ということもあります。

なお、この場合、金銭を受けることになるため、課税対象となります。最近では土地の価格が下がっていることや、土地の物納ではなく売却して金納する人も多いため、このような物納も減ってきているようです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

粘り強く対応して頂き、疑問点は全て払拭されました。 有難うございました。

「相続どうしたら・・・」という方にご紹介させていただきます。 ありがとうございました。

たった二週間の闘病の末、あっけなく他界してしまった一人親の父の残された思いを探りつつ姉妹でスタートした相続は御社のHPの文言を忠実に体現されている担当者お二方(大槻様、尾崎様)の印象で依頼は即決でした。 法的な流れの本流をおさえつつも、たびたび脱線す […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る