相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

特定物納制度とは

特定物納制度とは

相続税の納付は現金での一括納付が原則ですが、これを一括で支払うことが困難な場合には、「延納」つまり、相続税の分割払いを申告できます。

延納の許可を受けた後で、その支払いも困難になった場合に、物納への変更が認められる場合があります。

これを特定物納制度といいます。申請は、特定物納申請書と、物納手続き関係書類を所轄の税務署長に提出することで行われ、3か月以内に可否が判断されます。

なお、変更できるのは、申告の期限から10年以内で、支払期限が過ぎていない分に限ります。また、物納に変更するまでの期間は当初の条件による利子税の納付が必要となります。

なお、特定物納として納めることができる財産は、通常の物納申請の場合と同じ条件でなければなりません。

例えば、管理処分不適格な財産ではないこと、物納劣後財産の場合、他に物納できる財産がないこと、また、物納できる順位によることなどです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

今回ネットで探し、貴社にお願い致しました。税理士というと、イメージ的に堅く威圧感があって話しづらいかなと思いましたが、お会いするととても気さくで、私の質問にも丁寧に教えていただいて、イメージが変わりました。初回の時に持っていった資料で、おおよその相続 […]

・星野様の人柄が良く、相談しやすかった。 ・相続後の不動産の売却等のアドバイスを頂き、不動産部門の㈱チェスターを紹介いただき、現在進行中です。

遺産分割の内容変更や、相続後の不動産処分時の税金への質問に、迅速に回答いただけた。 相続財産の評価方法について、しっかりと説明していただいた。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る