年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

分割不動産の収納価額

分割不動産の収納価額

分割不動産の収納価額

相続を行った際、金銭による相続税の納付が困難で有る場合に物納を申請し、土地などの不動産を用いて物納を行う場合、その不動産を分割して一部を物納に充てることが許可されるケースがあります。

こういった場合、その不動産の収納価額を求める式をご紹介します。
K×{A÷(A+B)}=分割不動産の収納価額、となり、この数式で求められた金額が分割不動産の収納価額として物納に使用されます。

符号の説明ですが、Kは課税価格計算の基礎となった分割前のその不動産の価額、Aは分割不動産について相続開始時の評価基本通達の定めにより評価した価額、Bは分割時の不動産のうち、分割不動産部分以外の不動産について相続開始時の評価基本達の定めにより評価した価額、となり、実際の数字をあてはめて計算し、分割不動産の収納価額を算出することになります。

ただし、物納の許可が下りてから物納を行うまでに納税義務者の経済事情に著しい変化が生じた場合は、例外として収納価額が見直されることがあります。

関連性が高い記事

特定物納制度とは

特定物納制度とは 相続税の納付は現金での一括納付が原則ですが、これを一括で支払うことが困難な場合には、「延納」つまり、相続税の分割払いを申告できます。 延納の許可を受けた後で、その支払いも困難になった場合に、物納への変更が認められる場合があります。 […]

超過物納とは

超過物納とは 金銭で相続税を支払うことができない場合には、不動産や株式などの物納が認められています。 このとき物納する財産の評価金額がその相続税金額を上回る場合、これを超過物納といいます。 それでは、この超過した分の差額は払い戻されるのでしょうか。 […]

物納とは

1.相続税の納付方法 ■ 納付方法  相続税の申告書を提出した場合又は更正若しくは決定を受けた場合において、これらに係る納付すべき相続税は、原則として金銭にて一時に納付することとなっています。  ただし、相続税においては他の税目と異なり、金銭一時納付 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る