相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

物納許可と延滞税

物納許可と延滞税

相続税の納付の際、金銭による一括納付が困難である場合、まずはその時支払える最大額を金銭によって支払い、その残りを延納という方法で分割納付することになります。

そして、金銭以外で相当額の財産を所有しているが金銭による納付が困難であると言った場合は、物納といって金銭以外の方法を用いて相続税を納付することになります。

こういった場合、2006年の法改正までは、まず物納申請をしておいて、物納財産の売却などの目処がついた時点で物納申請を取り下げて延納もしくは一括納付に切り替えるという方法が一般的に用いられていました。

しかし、先の法改正によって、財産の売却などのために申請者が自ら物納申請を取り下げた場合、物納許可から取り下げまでの期間分の延滞税が課されることになりました。

延滞税は税率も高いので、このような手段を取って最終的に金銭で納税するということが少し困難になりました。延納においても、延滞税はかかりますので注意しましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての相続手続をおまかせして、私達のつたない質問に丁寧にお答え頂き感謝して居ります。 相続税申告書の書類を各人に頂きまして有難うございました。

税金のことだけでなく、相続の状況も考慮して話を聞いてもらえたことは、よかったです。

相続税申告業務専門の言葉通り、極めて高い実務スキルをお持ちだと感じました。 評価の難しい不動産や非上場株式など少々面倒な財産があり心配しましたが、 初回の面談から申告まで流れもスムーズで、無事申告を終えることが出来ました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る