相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

物納許可と延滞税

物納許可と延滞税

相続税の納付の際、金銭による一括納付が困難である場合、まずはその時支払える最大額を金銭によって支払い、その残りを延納という方法で分割納付することになります。

そして、金銭以外で相当額の財産を所有しているが金銭による納付が困難であると言った場合は、物納といって金銭以外の方法を用いて相続税を納付することになります。

こういった場合、2006年の法改正までは、まず物納申請をしておいて、物納財産の売却などの目処がついた時点で物納申請を取り下げて延納もしくは一括納付に切り替えるという方法が一般的に用いられていました。

しかし、先の法改正によって、財産の売却などのために申請者が自ら物納申請を取り下げた場合、物納許可から取り下げまでの期間分の延滞税が課されることになりました。

延滞税は税率も高いので、このような手段を取って最終的に金銭で納税するということが少し困難になりました。延納においても、延滞税はかかりますので注意しましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

もっと費用が安くなれば良いと思います。 なお、対応が良かったです。

質問に対する回答も早くかつ的確にしていただき満足しております。

父が亡くなりどこから手を付けたらいいか解らず紹介され 丁寧な説明と納得できる金額、資料集めの状況を気にかけてもらいました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る