相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

家屋の一部賃貸の場合の相続税評価

家屋の一部賃貸の場合の相続税評価

原則として、家屋の価額は1棟ごとに評価することになっています。

建物の評価額は通常1倍ですから、固定資産税額=相続税評価額となります。

しかし、アパートなどの貸家の場合には、借家権が控除されるので、評価額は減額となります。

では、家屋の一部賃貸については相続税がどうなるかを考えましょう。

たとえば2階建ての住居を建てたとき、1階部分に住むことにし、空いている2階部分を賃貸にしたとします。

このような場合には、賃貸部分と住居部分を分けて計算しますと、住居部分は1倍ですが、賃貸部分に関しては、前述した通り、控除が発生しますので、評価減となります。

従って、賃貸部分を設けることで、節税することが可能になります。

同じ土地の利用であっても、更地のままにしておくのか、駐車場にするのか、住宅にするのか、またはアパートにするのかなどによっても税額が異なりますので、覚えておくと良いでしょう。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 などでお困りの方へ
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

途中まで自分自身で相続申告を行おうと考えてたのですが、やはり難しい部分もあり、申告期限まで3ヶ月を切ってしまう時期に相続へ伺いました。 結果として個人で想定していた相続税よりも低く抑える様な提案をして頂き、相続して良かったと感じています。有難うござい […]

松島さん、金子さんには大変お世話になりました。 ありがとうございます。 2次相続の際も、お世話になりたいと考えています。 (追伸)不動産の阿部さんにも、お世話になりました。

不明点について、ていねいに説明をしていただいた担当者(福田さん)の方の誠実な人柄に満足しています。 税務調査もなく無事終了となることを願っております。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る