相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

家屋の一部賃貸の場合の相続税評価

家屋の一部賃貸の場合の相続税評価

原則として、家屋の価額は1棟ごとに評価することになっています。

建物の評価額は通常1倍ですから、固定資産税額=相続税評価額となります。

しかし、アパートなどの貸家の場合には、借家権が控除されるので、評価額は減額となります。

では、家屋の一部賃貸については相続税がどうなるかを考えましょう。

たとえば2階建ての住居を建てたとき、1階部分に住むことにし、空いている2階部分を賃貸にしたとします。

このような場合には、賃貸部分と住居部分を分けて計算しますと、住居部分は1倍ですが、賃貸部分に関しては、前述した通り、控除が発生しますので、評価減となります。

従って、賃貸部分を設けることで、節税することが可能になります。

同じ土地の利用であっても、更地のままにしておくのか、駐車場にするのか、住宅にするのか、またはアパートにするのかなどによっても税額が異なりますので、覚えておくと良いでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

1回の相談で特に難しくなく、スムーズに手続きができました。 ありがとうございました。

不慣れな手続きで何から始めたら良いのか分からず困っていたところ、広告で御社を知り、相続税申告に強いということでお願いしました。 電話とメールのやり取りでスムーズに最後まで進みました。 感激したのは 最後に今までのバラバラな資料を1つのファイルにきれい […]

書類etcに対する指示(捺印指示、記入指示、返送指示)が的確でまよう事なく処理できました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る