相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続開始直前!リフォーム費用を計上すべき?実務判断

相続開始直前!リフォーム費用を計上すべき?実務判断

相続開始直前!リフォーム費用を計上すべき?実務判断

例えば、相続開始前に500万円の費用をかけて玄関やバスルームのリフォームを行ったような場合、この500万円の出金は相続財産として加味する必要があるのでしょうか。

これを判断するためには、以下の国税庁の質疑応答事例が参考となります。

増改築等に係る家屋の状況に応じた固定資産税評価額が付されていない家屋の評価

以下、そのまま文言を抜粋すると、以下のようになります。

増改築等に係る家屋の状況に応じた固定資産税評価額が付されていない場合の家屋の価額は、増改築等に係る部分以外の部分に対応する固定資産税評価額に、当該増改築等に係る部分の価額として、当該増改築等に係る家屋と状況の類似した付近の家屋の固定資産税評価額を基として、その付近の家屋との構造、経過年数、用途等の差を考慮して評定した価額(ただし、状況の類似した付近の家屋がない場合には、その増改築等に係る部分の再建築価額から課税時期までの間における償却費相当額を控除した価額の100分の70に相当する金額)を加算した価額(課税時期から申告期限までの間に、その家屋の課税時期の状況に応じた固定資産税評価額が付された場合には、その固定資産税評価額)に基づき財産評価基本通達89(家屋の評価)又は93(貸家の評価)の定めにより評価します。

なお、償却費相当額は、 財産評価基本通達89-2(文化財建造物である家屋の評価)の(2)に定める評価方法に準じて、再建築価額から当該価額に0.1を乗じて計算した金額を控除した価額に、その家屋の耐用年数(減価償却資産の耐用年数等に関する省令に規定する耐用年数)のうちに占める経過年数(増改築等の時から課税時期までの期間に相当する年数(その期間に1年未満の端数があるときは、その端数は、1年とします。))の割合を乗じて計算します。
(国税庁「質疑応答事例」より)

計算式は?

これに従い、実務上の相続税評価額の計上額を計算するための計算式は以下のようになります。

(“かかった費用” - “償却費相当額”)×70%

ここで、償却費相当額の計算に注意が必要です。通常の所得税や法人税で減価償却費を計算する場合とは異なり、まずは取得費に90%を乗じた後に計算をするという点です。

資本的支出でなければ計上不要

ここで、このリフォーム費用が、いわゆる資本的支出に該当しなければ、そもそもこの式に当てはめて相続財産に計上する必要はありません。
例えば、以下のような費用です。

・外壁の補修

なお、資本的支出かどうかを判定するには以下のサイトでのフローチャートが参考になります。

参考:「ちょっと気になる これって修繕費?」

ただ、法人税や所得税の取扱いと相続税の財産評価の取扱いは100%同一ではないので、このフローチャートで資本的支出に該当しなかったからといって、絶対大丈夫というわけではないことに注意が必要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続税の納付期限までの期間があまり無い中、迅速にご対応頂き大変助かりました。 ありがとうございました。

私は税について知識がないのですが、わかりやすくご説明いただき、手続きをすすめていただきました。

素早い対応、親切で丁寧な対応に感謝致します。 本当にお世話になり、有難うございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る