相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

建物更生共済と相続税

建物更生共済とは

JA共済が販売している、「建物更生共済むてき」という共済制度があります。

「建更(たてこう)」と略されているこの商品は、火災や台風、地震などから建物や家財を保証する一種の火災保険と言える共済制度です。

一般的な火災保険のほとんどが掛捨型となっているのに対し、建物更生共済は積立型となっています。

掛捨型では支払った保険料は戻ってくることはありませんが、建物更生共済は保証期間満了時に、満期共済金を受け取ることが出来るため人気のある共済契約となっています。

なお、満期共済金を受け取ることが出来るため、他の共済制度よりも掛金が高くなってしまいます。

相続が発生した場合

相続が発生し不動産などを相続した場合に、その物件が建物更生共済に加入していることがよくあります。

建物更生共済契約の約款によりますと、共済契約者が死亡した場合には、共済契約は相続により契約承継されることになっています。

従って、相続人が当該共済契約を引き継ぐことが出来ます。

相続による引き継ぎの際、一般的な掛捨型の火災保険契約の場合には、被相続人が支払った保険料は掛捨て保険料のみですので、相続により引き継いだ掛捨型の火災保険契約を解約した場合であっても、解約返戻金を受け取ることはないため、相続税の対象となるものはありません。

しかし、建物更生共済は積立型の火災保険のため、被相続人が支払った保険料の中には積立金に相当する部分があります。

相続により引き継いだ建物更生共済を解約した場合には、既に積立金部分を解約返戻金として受け取ることが出来る為、相続により契約を引き継いだ際に、相続人は被相続人が支払っていた積立金部分を受け取ることがでる権利を取得したことになり、死亡した時点における積立金部分の解約返戻金相当額が相続税の対象となり、相続税が課税されることになります。

なお、相続した建物更生共済が満期を迎え満期共済金を受け取った際には、建物更生共済を相続した人の所得税の一時所得として税金が課税されることになります。

一時所得は次の算式により計算した金額となります。

【算式】一時所得の金額=収入金額−収入を得るために支出した費用−特別控除額(最高50万円)

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

急な依頼にもかかわらず、笑顔で対応してくれ、不安な事があり何度連絡しても丁寧に答えてくれて安心しました。次の時もぜひとも指名させて下さい。本当にありがとうございました。

申告にあたっては、こんなに細かい点まで調べなければならないのかと、逆に関心させられました。 税務調査に来る可能性が少ないという事も納得です。いろいろと有難うございました。

お世話になりありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る