相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

土地・家屋の一般的な相続手続き一覧

土地や家屋といった不動産を相続する際には、預貯金の名義変更等と異なりひと手間かかります。

どういった手続きが必要になるのかを以下に纏めました。

1.相続登記に関わる手続き

遺産相続で土地や家屋などの不動産を取得したときは、この不動産の相続登記手続きが必要になります。

この登記手続きは、しなければ罰せられるということはありませんが、不動産を巡るトラブルは非常に多く、後々困ったことにならないためにも、不動産相続の際は相続登記手続きをしておくべきでしょう。

相続登記手続きとは、相続人に不動産の名義を変更する手続きのことです。

それには、法務局で相続による所有権移転登記、つまり名義変更を申請します。

2.土地を相続した場合にかかる税金

土地を相続した場合には、まず相続税という税金がかかります。

この相続税は、もちろん土地そのものではなくてお金で支払わなければなりません。

土地は価値が高いものですから、その相続税も多額になります。

では、どのように税金の額が決まるのでしょうか。

まず、その土地の価値をお金に換算します。

土地の値段といっても、公示価格や路線価、固定資産税評価額など、何種類もの価格があります。

その中で、相続税においては路線価という値段の方式を採っています。

路線価方式で計算すると、土地の評価額はだいたい売買取引時価の80パーセント相当になります。

この評価額をその他の財産と合わせ、控除や債務などを引いて残った金額に、最終的に相続税が課税されます。

また、相続税のほかに、名義変更の際に必要となります登録免許税と言われる税金もかかります。

こちらは、土地の固定資産税評価額に0.04%をかけた金額となります。

なお、土地を売買などによって取得した場合にかかる不動産取得税については、相続で取得した場合にはかかりません。

3.土地の取得と共有について

土地を相続で取得する場合、共有(複数人で同じものを相続する)ということが考えられますが、こちらは専門家の立場からはあまり推奨できません。

なぜならば、今回の相続人同士の仲は良好でも、その子供世代、孫の世代のことまで考えると、さすがに想定できない事態も起こり得るかも分からないからです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

申告期限が近くなってからの依頼だったが、迅速に対応して頂き余裕を持って申告できた。

丁寧に対応していただきました。 ありがとうございました。

お二人に、終始誠実に親切に対応して頂きました。当方の質問に的確に答えて頂きました。資料の発送、受領についてその都度迅速に連絡していただきました。お陰で不馴れな相続税の申告が円滑に進み御社のお仕事に満足しております。相続税申告の関係書類を分類整理した立 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る