相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

再転相続とは

再転相続とは

再転相続とは

再転相続とは、相続人が考慮期間中に相続の承認または放棄を行わないまま死亡してしまった場合、その相続人の相続人が死亡した相続人分の相続も承認・放棄する権利を承継し取得することをいいます。

例えばあなたの祖父が亡くなり、相続人である父親が考慮期間である相続開始日から3ヶ月以内に亡くなったとします。

すると父の相続人であるあなたに相続が発生するわけですが、この場合父の相続分である祖父の財産についても相続することになります。

父が亡くなった日から3ヶ月が考慮期間となり、祖父分、父分の財産について承認するか放棄するかを決めることになります。

相続を放棄する際、どちらも承認、どちらも放棄、ということはもちろん出来ますが、祖父分を放棄し父分を相続する、といったように二人の相続分を分けて承認することも出来ます。

しかし父親分の相続を放棄してしまうと、父の権利に当たる祖父の財産相続の権利も放棄したことになりますので、父の財産は放棄、祖父の財産は相続する、ということは認められません。

 

 

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

親切・丁寧・真摯に対応していただきました。 こちらに合わせて色々とアドバイスをくれたり、意見も聞いてくれました。 おかげで無事申告する事ができ感謝しております。本当にありがとうございました。

大変お世話になりました。私自身わからないことが多く大変お手数をおかけしてしまったかと思いますが、とてもていねいにまた迅速に対応していただきまして本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

事務所へ何度も伺うことなく、メールや郵送のやり取りでできたことで非常に助かりました。 また全く知識のない私にもわかりやすく丁寧な説明をしていただきました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る