相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

元気なうちに準備をしよう!老前整理と生前整理について

元気なうちに準備をしよう!老前整理と生前整理について

生前整理や老前整理という言葉を聞いたことがありますか?ご自身が亡くなった後、身の回りで使用していた物などを遺族が整理するというイメージがあると思います。いわゆる遺品整理です。

現代社会では、家族の在り方も少しづつ変わっており、場合によっては遺族が遺品整理をすることが難しいという場合も考えられます。また、子どもの手を煩わせたくないと考える方も多いことと思います。そのような場合を想定し、ご自身が生きているうちに身の回りを整理しておくという方法があります。それが、老前整理や生前整理です。

老前整理や生前整理には、ご遺族の手を煩わせないという点以外にも良い点がたくさんあります。今回は、老前整理と生前整理についてご紹介します。

1.生前整理と老前整理

元気なうちに準備をしよう!老前整理と生前整理について

老前整理と生前整理は似たような言葉ですが、生前はご自身の死後に遺族が困らないように相続に関することも含めて整理しておくことを言います。

一方、老前整理は、ご自身が老後を迎えるにあたって老後の生活のために身の回りを整理しておくことを言います。

つまり、老前整理→生前整理→遺産整理という流れになるということです。

2. まずは、老前整理を始めましょう

老前整理は、先にもご説明したように、老後を迎えるにあたって老後の生活のために身の回りを整理しておくことです。そのため、40代から準備を始めるという方もいらっしゃいます。
元気なうちに準備をしよう!老前整理と生前整理について

老前整理のポイント1:老後をイメージした物の整理

現在、お住いのお家を見渡した時に、老後の自分が生活しやすい環境になっているかを考えてみましょう。

例えば、押入れの上や棚の上など高いところに物をしまっていませんか?今は、すんなり出し入れができるけど、足腰が弱ってきたら取り出せるかな?と思いませんか?

そして、そういった所にしまわれている物は、普段あまり使用しない物だったりしますよね。

それらを整理していくことで、自然と、いつか使う物ではなく、本当に必要な物のみ残していくことが出来ます。いわゆる断捨離ですね。

老前整理のポイント2:老後の自分をイメージする

第二の人生なんて言われ方もしますが、仕事を引退したらこんなことをしたいという夢などを具体的にイメージしておくことで、それに向けた準備ができます。

例えば、「景色の綺麗な老人ホームでのんびり暮らしたい」という夢を実現するためには、

入居したいホームを調べておく必要もありますし、そのホームに入るためにはどれくらいのお金がかかるのかなどを確認しておく必要があります。

3.素敵な老後を迎えたら、生前整理も済ませておきましょう

生前整理は、死後、遺族が困らないように遺産を含む様々なことを整理しておくことを言います。

特に、相続は、遺族間でのトラブルに発展するというケースもあります。トラブルを避けるためにも、生前にしっかりと対策をとっておきたいところです。

生前整理のポイント1:不用品の処分はしっかりとしておく

老前整理でも、物の整理についてご説明しましたが、生前整理でも物の整理は必要です。

また、財産として遺しておく価値のあるもの(骨董品や美術品など)に関しては、資産価値がわかるようにしておきましょう。資産価値がしっかりと確認することができれば、亡くなった後に遺品ではなく遺産として扱ってもらうことが出来ます。

生前整理のポイント2:資産についての整理も行う

相続が始まると、ご遺族は遺産の確認を行います。この遺産の調査・確認がとても大変です。

生前整理として、プラスの財産(現預貯金、有価証券、不動産などの書類等)に関すること、マイナスの財産(負債、売掛金等)に関することを、ひと目で分かる形にまとめておきましょう。

また、離婚などにより一緒に暮らしていないお子さんがいる場合には、氏名・住所・連絡先なども残しておきましょう。これらは、ご家族に伝えておくという形でも問題ありません。最近ではエンディングノートなどもありますので、そういったものを活用するという方法もオススメです。

資産ではありませんが、ご自身が亡くなったことを知らせてほしい人などもまとめておきましょう。自分の交友関係などは家族は知らないことが多いです。

再婚家庭は要注意!再婚者なら知っておくべき相続に関わる注意点

生前整理のポイント3:遺言書を作成しておく

相続トラブルを回避するためにも、遺言書の作成をしておきましょう。相続でトラブルになる要因の一つが、相続人同士で話し合いを行い遺産を分割する遺産分割協議です。

遺産分割協議は遺言が無い場合に、実施する必要がありますので、遺言を作成しておけば遺産分割協議の必要がありません。

遺言書には「自筆証書遺言」「秘密証書遺言」「公正証書遺言」の3種類があります。

一番、確実な方法は公証役場にて内容の確認も保管もしてもらうことができる「公正証書遺言」です。自筆証書遺言や秘密証書遺言を作成する場合には、保管はご自身で行う必要がありますので、遺言書の存在をエンディングノートなどに記載しておきましょう。

遺言書にはどんな効力があるの?遺言書の種類と効力について

公正証書遺言の作成をすすめる6つの理由とは?

まとめ

老前整理は、ご自身の老後のために行う行為です。一方の生前整理は遺されたご遺族のために行う行為です。老前整理を行うことで生前整理が行いやすくなります。

先のことを考えるというのは、中々、難しいことですが、人生の最期の瞬間を良い人生だったと思えるようにするためにも、早い段階から準備を始めることをオススメします。

相続人になったら必ず読んでおきたい一冊

相続税専門の税理士法人チェスターが監修する、相続人が読むべき本「相続対策と相続手続き」、会社紹介と「はじめてでも分かる!相続税申告&相続対策の基本」を押さえたDVD特典付きの資料請求を無料でプレゼントしております。

これから相続が起きそうという方も、すでに相続が起きている方にも有効活用して頂ける一冊です。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る