相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

贈与税がかからない場合

贈与税がかからない場合

贈与税がかからない場合

相続税法第二十一条の三には、贈与税の非課税財産に関してこのように規定されています。

『次に掲げる財産の価額は、贈与税の課税価格に算入しない。

1法人からの贈与により取得した財産。

2.扶養義務者相互間において生活費又は教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち通常必要と認められるもの。

3.宗教、慈善、学術その他公益を目的とする事業を行う者で政令で定めるものが贈与により取得した財産で当該公益を目的とする事業の用に供することが確実なもの。』

2に該当する生活に必要なものの中には、生活費や養育費が含まれます。

ですから、親が子供の家族に少しの家賃の援助を行ったり、食事をおごってあげたり、旅行に連れて行ってあげるというような行為に対しては、贈与税は課せられません。

その他、贈与税がかからない事例としては、離婚の際に行われる財産の分与や、多くの負債を負った人が返済能力がなく、その負債を免除もしくは減額してもらった場合でも、その件を申請して認められれば、贈与税を課せられることはありません。

 

 

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

お忙しい時期に関わらず引き受けて下さってありがとうございました。

相続にうかがった際の対応が良く、実際にお世話になってからも手際良くかつ、 わかりやすくすすめていただきました。

この度は姉の相続の件で色々とお世話になり、大変有難う御座いました。 スピーディーな事務手続きで助かりました。感謝しています。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る