相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

寄与分の計算方法

寄与分の計算方法

寄与分の計算方法

寄与分の計算方法は法的にしっかり決められています。

基本的には民法上では寄与の時期から方法まで、相続財産の額やその他一切の条件などを考慮して定めるように決められています。

そのため非常に裁量的な要素が強くなっています。

寄与行為の具体的な算定方法には専門的に計算が出来るアドバイザーへの依頼が望ましいです。

基本的な計算方法は、寄与分額=寄与者の受けるべき相続開始時の年間給与額×(1−生活費控除割合)×寄与年数となりますので、初めての方には少々分かりずらいかもしれません。

また相続人が実際に看護した時には寄与分額=付添婦の日当額×療養看護日数×裁量的割合という計算方式になりますので、看護を行っていた際の領収書や病院の代金の領収書を大切に保管しておく必要があります。

第三者に看護を頼み、費用を負担した際

他にも第三者に看護を頼み、費用を負担した際には、寄与分額=負担費用額 という計算式が用いられることになります。

共同相続人の中で、寄与者があるときの相続分は被相続人が相続開始の時に有していた価格からみなし相続財産として、法定相続分や亡くなった方の遺言状などを持っておく必要があります。

寄与者にはこれに寄与分を加えてその者の具体的相続分を算出することになります。

はじめに戸籍謄本を用意する

寄与分を請求を請求するには相続人を確定するためはじめに戸籍謄本を用意する必要があります。

また被相続人の財産をしっかり調査してから遺産目録を用意することになります。

ここまでが本来の相続になりますが、寄与分相当を受け取りたい主張をこの次に行うことになります。

上記での計算方法を元に請求をすることが出来ますので、これを含めて遺産分割協議書を作成していく事になります。

まずは他の相続人に対して、本来相続できる相続分に加算して寄与分を受け取りたいことを話しましょう。

円滑に話がまとまる際にはスムーズに解決を行うことが可能になります。

しかし、話がまとまらないことも十分ケースとして発生していますので、しっかりとした計算方法から、他の相続人に対してどのくらいの金額を請求できるのかを見せる必要もあります。

この時に法的に認められている計算方法であれば他の相続人を納得させることが可能になり、また専門的なアドバイスを含めて手続きを円滑に行っていくことが可能になります。

遺産相続の際にトラブルがあった際にはトラブルを回避するように何度かの話し合いを行っていく必要があります。

しっかりと話し合いを行えば、その後のトラブルを回避できます。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る