相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

お気に入り
登録
お電話

お問い
合わせ

経営者承継円滑化法の除外合意と固定合意

経営者承継円滑化法の除外合意と固定合意

経営者承継円滑化法の除外合意と固定合意

遺留分に関する民法の特例である除外合意と固定合意についてですが、まず除外合意とは後継者が旧代表者からの贈与等により取得した株式等について、遺留分を算定するための財産の価格に算入しない合意のことで、事業継続に不可欠な自社株式等に係る遺留分減殺請求を未然防止することができ、後継者単独で家庭裁判所に申し立てるため、現行の遺留分放棄制度と比して、非後継者の手続は簡単です。

なお、これにより、除外合意の対象とした株式等が遺留分算定基礎財産に算入されず、遺留分減殺請求の対象外となるため、相続開始に伴う株式等の分散により、会社の意思決定に支障が生じるリスクを未然に防止することが可能となりました。

また固定合意とは、後継者が旧代表者からの贈与等により取得した株式等について、遺留分を算定するための財産の価格に算入すべき価格を合意の時における価格とすることで、後継者が株式価値上昇分を保持できる制度の創設により、経営意欲の阻害要因を排除することができ、またこれにより、遺留分算定基礎財産に算入すべき株式等の価額を当該合意の時における価額に固定することで、将来の株式等の価値上昇に伴う遺留分額の増大を心配することなく経営に専念することが可能となりました。

なお、当該株式等の価格は、適切性を担保するため合意の時における相当な価格であることについて、弁護士、弁護士法人、公認会計士、監査法人、税理士又は税理士法人の証明を受けたものに限ることとしています。

また、除外合意と固定合意は、後継者が旧代表者からの贈与等により取得した株式等の一部を除外合意の対象とし、その余の株式等を固定合意の対象とするというように組み合わせて活用することも可能です。

 

相続専門税理士が対応します!/

関連性が高い記事

中小企業自社株の評価はどのように算出するのか

自社株ってどうやって評価する? 上場株式でしたら、証券取引所等で流通しているため、現在の市場価格(株価)がすぐにわかるので、簡単に評価額を算出することができますが、中小企業のように市場価格がない会社の株式は自分で評価額を算出する必要があります。相続対 […]

自社株を生前贈与する上での注意点と節税の効果を教えて下さい

生前贈与で計画的な事業承継を (1)贈与税の確認 贈与する際には、税率表により贈与税がかかるかどうか確認しましょう。 (贈与株式の相続税評価額-110万円)×税率-控除額=贈与税額 ※ 税率については、平成25年度税制改正により改正され、平成27年1 […]

株式交換による自社株評価の引き下げ

株式交換の活用 株式交換を行うことにより、株式の評価額を下げることができるのは以下のような場合です。 『株式評価額の低い会社を親会社とし、株式評価額の高い会社を子会社とする』 株式評価額の低い会社と高い会社をそれぞれ所有していた場合、相続税の財産評価 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る