相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

経済産業大臣への認定について

経済産業大臣への認定について

上場していない中小企業においては、経済産業大臣の認定を受けることで、その株式の相続時に納税の猶予を受けられます。

これは「中小企業経営承継円滑化法」で定められており、相続開始後から8か月以内に申請する必要があります。

経済産業大臣は、一定条件を満たしているかどうかによってそれを判断します。

会社についての条件として、まず、中小企業者であることが基本となります。ここでいう中小企業は、製造業や卸売業、小売業、サービス業といった業種によってその資本金または従業員数が判断基準となり定められます。

なお、中小企業の中でも、上場している会社や医療法人は対象外となっています。その他風俗営業会社ではないこと、総収入額がゼロではないこと、などの条件を満たしていなければなりません。

また、先代の経営者が会社の代表者だったかどうか、後継者が先代の経営者の親族であるかどうかや相続開始後において会社の代表者であるかどうか、なども併せて考慮されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

遺産相続税申告の手続きには期限がありますが、初めての作業という事もあり、「何から手を付けるか」という事から戸惑いがありました。 相続税申告について依頼させていただいた結果、不明点については明確に解り易く教えていただきました。 また的確なアドバイスをい […]

豊富な業務知識と申告書作成、納税の進捗度に併せ、的確なアドバイスを頂き遺漏なく納税を完了することが出来ました。

書類etcに対する指示(捺印指示、記入指示、返送指示)が的確でまよう事なく処理できました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る