相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

事業承継対策について

事業承継対策について

事業承継対策について

現在経営している会社などを、次の後継者に継承させることを事業継承と言います。

事業継承対策は、早めに考えておいて損はない問題です。事業者にとっては、自分の手がけてきた事業を自分亡きあとも発展させていきたいと言うのは当然の望みです。

まだ時間があるから大丈夫、などと高をくくらず、早め早めに事業継承対策を行くことはとても良いことであると言えるでしょう。

事業継承対策として、一番に考えなければならない問題と言えば株式の移転です。

まず、自分の息子などに事業を継承させようと考えた場合ですが、株式を移転する際には相続税や贈与税が加算されますので、節税対策も視野に入れて考えなければなりません。

更に、第三者に事業を継承してもらう場合には、会社の売却ということになります。

これも、自分の手がけてきた事業やそれに関する権利がいくらの値段がつくのかということが大きな問題になってきます。その時までに、万全の態勢を整えて事業を継承できるように、事業を整理することも大切な対策です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

職員のみなさんの対応はとても分かりやすく満足しました。 インターネットを見ると自分で申告書の作成をした人もいるようですが、土地などの不動産がある場合は税理士に依頼しないとダメだなと思いました。

税理士先生プロ2名で対応にあたって下さったこと。 書面添付制度の説明を受けました。ペナルティを課してまでもプロとしての誇りとチェスター品質に感銘しております。 大変、お世話になりました。尾崎さんに宜しくお伝えくださいませ。

安価に合理的確実に作業いただきました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る