年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

個人事業を行っているお父さんから息子さんへの、事業承継の4つのポイント

個人事業を行っているお父さんから息子さんへの、事業承継の4つのポイント

個人事業を行っている高齢となった父から息子へ事業を承継しようとお考えの方、廃業に伴う手続きやどのような税金が発生するのかきちんと把握していますか?

事業を承継する際に必要な手続きや流れについてご説明します。

きちんと理解しておきましょう。

1,個人事業を事業承継するために知っておくこと

(1)父の廃業に必要な手続きとは?

廃業に関係する税金は所得税と消費税の2種類です。それぞれの状況に合わせて提出書類がすこし異なりますのでしっかり確認しましょう。

まず所得税に関係するものとして「個人事業の廃業届出書」を税務署に提出します。

個人事業を行っているお父さんから息子さんへの、事業承継の4つのポイント

そしてお父さんが廃業して収入が全くなくなる場合には「所得税の青色申告のとりやめ届出書」の提出が必要となります。一方、アパートやマンションなどを経営していて、廃業後にも不動産所得があるというような場合には提出はいりません。

個人事業を行っているお父さんから息子さんへの、事業承継の4つのポイント

次に消費税に関することでまず必要なのが「事業廃止届出書」です。免税事業者以外は必ず提出します。これを提出すると、その他の届出書がいる場合、事業廃止の旨の記載を省略することができます。逆に言うと、他の届出書にそれぞれ事業廃止の旨を記載すれば、事業廃止届出書の提出は必要ありません。

その他に必要となる届出書は2種類あります。

1つめは「消費税簡易課税制度選択不適用届出書」で、簡易課税制度を適用していた場合に提出します。

2つめは「免税事業者」があえて課税事業者を選んでいた場合に必要な「消費税課税事業者選択不適用届出書」です。免税事業者であればこの場合を除いて、基本的に消費税に関わるこれらの書類の提出は必要ありません。

2,事業継承するには贈与することが必要?

お父さんから息子さんへ事業承継する方法としては、無償で提供できる「贈与」を行うケースが大多数を占めてます。事業用資産等を時価で売却する、という方法もありますが贈与の方が圧倒的に多いです。

3,贈与した場合は贈与税が発生する

(1)贈与税の計算のために区分する

贈与すると贈与税が発生する場合がありますので、どのように計算して割り出すのかご紹介しましょう。

まずは贈与するものを2つに区分します。※土地や建物などの不動産は下記4でご紹介するため一度置いておきます。

個人事業を行っているお父さんから息子さんへの、事業承継の4つのポイント

一つ目の区分は「事業用資産」です。これは預貯金や売掛金などのプラスになるもので、商品や車両なども含まれます。

もう一つは「事業用債務」資産とは逆にマイナスになるもので、借入金や買掛金、未払金などが当てはまります。

(2)贈与税は資産と債務の差で決まる

二つに分けることができたら、それぞれの金額を合計します。そして、「事業用資産」から「事業用債務」を差し引きします。この差額が110万円以下となれば贈与税は発生しません。資産額と比べて債務額が大きいほど、差引額は小さくなりますから贈与税が発生しないまたは少なくなる可能性が高くなります。差額が110万円を超えた場合、この差額から110万円を引いた額が課税価格と呼ばれ、これによって贈与税の額を計算するための税率が決まります。

贈与税が発生するとなった場合には、金額によって定められた税率と控除額によって税額を計算することができます。

個人事業を行っているお父さんから息子さんへの、事業承継の4つのポイント

計算方法は、先に計算した課税価格に該当する税率を掛けて、そこから控除額を引きます。

例えば贈与を受けた合計額が300万円だった場合、これから110万円を引いた190万円が課税価格となります。課税価格が200万円以下なので、税率は10%、控除額は0円です。したがって、

190万円(課税価格)×10%(税率)ー0円(控除額)=19万円(贈与税の額)という計算になります。

個人事業を行っているお父さんから息子さんへの、事業承継の4つのポイント

ちなみに、父母または祖父母などの直系の親族から20歳以上の人が贈与を受けた場合には、「特例税率」で税額を計算するので、少しだけ税率が異なります。またこの特例税率の適用がある財産は「特例贈与財産」と呼ばれ、それ以外を一般税率、一般贈与財産として区別しています。

4,不動産(土地、建物)の承継方法

前の項で置いておいた不動産についてです。

お父さんが土地や建物を持っている場合、実は他の事業用資産のように贈与はおすすめできません。不動産を贈与する場合は時価で計算するのですが、時価が高騰しているものが多いからです。その分贈与税も高額になってしまいます。

個人事業を行っているお父さんから息子さんへの、事業承継の4つのポイント

そこでおすすめなのが「使用貸借」です。不動産はお父さんが所有したままで、息子さんがそれを借りるという方法です。

使用貸借であれば権利金や地代、贈与税もかかりません。さらにその土地や建物から発生した固定資産税や修繕費を、息子さんの必要経費として計算することが可能なのです。

使用貸借は単なる貸し借りですから、その後お父さんが亡くなった場合に息子さんが相続するという形で承継することができます。また相続によって事業継承を行う場合には、お父さんの死後後4ヶ月以内に息子さんがお父さんの分の確定申告を行わなければなりません。

【ポイント】

不動産の事業承継対策は、とりあえず使用貸借がオススメ

不動産以外の事業承継対策は、贈与がオススメ

まとめ

個人事業を行っている方で、事業承継をご検討中の方は、是非参考にしてみてください。

 

関連性が高い記事

株式交換による自社株評価の引き下げ

株式交換の活用 株式交換を行うことにより、株式の評価額を下げることができるのは以下のような場合です。 『株式評価額の低い会社を親会社とし、株式評価額の高い会社を子会社とする』 株式評価額の低い会社と高い会社をそれぞれ所有していた場合、相続税の財産評価 […]

自社株を生前贈与する上での注意点と節税の効果を教えて下さい

生前贈与で計画的な事業承継を (1)贈与税の確認 贈与する際には、税率表により贈与税がかかるかどうか確認しましょう。 (贈与株式の相続税評価額-110万円)×税率-控除額=贈与税額 ※ 税率については、平成25年度税制改正により改正され、平成27年1 […]

先代経営者について(事業承継税制)

先代経営者について(事業承継税制) 中小企業などで、後継者が相続によって会社を受け継ぎ、経営していく場合に、その税金が猶予されます。これは、相続税の負担によって事業の継続が難しくなってしまうのを防ぐための制度です。この制度を利用すると、株式等にかかる […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る