年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続税が戻ってくる?相続税の還付請求とは?

相続税が戻ってくる?相続税の還付請求とは?

相続税の申告期限から5年以内であれば、払いすぎた相続税が戻ってくる可能性があることをご存じでしょうか?相続税の還付請求を行う事で、払いすぎた相続税が戻ってくるケースがあります。相続税の還付請求について詳しくご紹介します。

1.相続税を納めすぎている場合とは

そもそも相続税は自己申告で行います。土地の評価や財産の評価を自分で計算して税務署に申告しなければなりません。預貯金などの現金のみであればさほど難しくはありませんが、財産は預貯金以外にも土地や骨董品など評価の難しいものがたくさんあります。

その結果、計算に誤りが生じやすくなります。過大評価して税金を多く支払っていたとしても、税務署は申告してきた内容が正しいと判断しますので、「払いすぎなので返しますよ」とはならないのです。では、具体的にはどのような場合に相続税を納めすぎているかを確認しましょう。

相続税が戻ってくる?相続税の還付請求とは?

(1)相続財産に土地が含まれている場合

土地の評価はとても複雑です。そのため、同じ土地を5人が評価した場合、5人とも異なる評価額になる場合があります。土地の評価のポイントは、現地調査や役所の調査です。万が一、土地の評価に慣れていない人が行った場合は、評価減になる要素を理解していない為、相続税を納めすぎてしまう可能性が出てきます。

相続税が戻ってくる?相続税の還付請求とは?

(2)依頼した税理士が相続に不慣れな場合

相続税が戻ってくる?相続税の還付請求とは?

税理士なのに不慣れなんてあるの?と思われるでしょうが、個人の確定申告や会社の会計業務などが税理士のメインの業務になります。相続税は突発的であり、全国の税理士の数に対し、相続税の申告件数は圧倒的に少ないため、相続税の申告を行ったことのない税理士も多くいます。

そのため、相続税の申告の際に評価減となる要素を見落としてしまい、相続税を納めすぎてしまうという結果が多く発生してしまうのです。

2.相続税の還付請求の期限は、法定申告期限から5年以内

相続税が戻ってくる?相続税の還付請求とは?

法定申告期限は、相続の開始を知った日の翌日から10ヶ月以内となります。そのため、還付請求手続きの期限は相続の開始を知った日の翌日から5年10ヶ月以内となります。つまり、5年10ヶ月を過ぎてしまうと還付請求は出来ないということになります。

3.還付請求の手続きはどうすればいいの?

相続税の還付請求の手続きは、最初に相続税申告を行った税務署に「更正の請求」という手続きを行います。先にも述べたように、相続税の還付は土地の評価などがポイントとなります。そのため、相続の知識をしっかりともった税理士に依頼することが重要になります。

(1)どんな税理士事務所に依頼すればいいの?

還付請求は土地の評価が最大のポイントです。不動産鑑定士のような土地の評価のエキスパートを一緒に判断してもらうことで、より良い結果に結びつく可能性があります。相続の知識のある税理士を探す際には、不動産鑑定士と連携のある税理士事務所かどうかを確認することをおすすめします。

(2)費用と必要書類は?

①税理士の費用

費用については、税理士事務所によって異なりますが、相続税の還付請求に関しては「完全成功報酬」で実施している税理士事務所が多くあります。還付された場合、還付された税金の何割かを成功報酬として支払うという方法です。依頼する税理士事務所がどのような料金形態になっているかを確認しておきましょう。

②必要書類

税理士に依頼する場合は、最初に行った相続税の申告の書類一式をそのまま、税理士に提出するだけで問題ないです。

(3)還付まではどれくらいかかるのか

還付申請後、税務署の審査を経て還付の可否が判断されます。この期間はおおよそ3ヶ月~6ヶ月程度となります。確定した還付金は相続人の指定口座に振り込まれます。

4.還付請求のよくある質問

 

相続税が戻ってくる?相続税の還付請求とは?

 

まとめ

あなたが、相続開始を知った日の翌日から5年10ヶ月以内に相続税を支払っていて、土地をたくさん相続している場合には、還付請求が出来る可能性があります。

還付請求を行う場合は、相続についてしっかりと知識をもった税理士に依頼することをおススメします!!

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

相続税の期限後申告の特則

小規模宅地等の特例の適用けるためには、相続税の申告が必要です。しかし、この特例を受けると相続財産の課税価額が基礎控除内となるため、相続税の申告は不要だと考えていると、税務署からお尋ねを受ける場合があります。しかし、その後に、申告を行っても、この特例を […]

養子の人数の制限について

養子の人数の制限について 相続税の計算をする場合において、相続税の基礎控除額、生命保険金の非課税限度額、死亡退職金の非課税限度額、相続税の総額の計算などの4点については、法定相続人の数を基に行いますが、これらの計算をする際の法定相続人の数に含める被相 […]

遺産取得税方式とは

遺産取得税方式とは 相続財産の相続税評価においては、遺産課税方式と遺産取得課税方式とに大きく分けられます。 まず、遺産課税方式とは、相続人の人数や相続の配分などに関係なく、被相続人の財産(合計)に着目して評価をするやり方です。 まずはその被相続人の持 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る