年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

平成29年に改正された相続税の納税義務者の範囲を確認しましょう

平成29年に改正された相続税の納税義務者の範囲を確認しましょう

相続税の納税義務者とは、相続税を納める義務のある方を言います。この納税義務者の範囲が平成29年の法改正により変更となりました。

改正前、改正後の変更点を確認しながら、納税義務者の範囲について理解しておきましょう。

1.納税義務者とは

相続税は相続や遺贈によって取得した財産に対して課税されます。この相続税を納める義務のある人を納税義務者と言います。

納税義務者(相続税がかかる人)は無制限納税義務者・制限納税義務者・特定納税義務者にわかれ、課税される財産の範囲も異なります。

平成29年に改正された相続税の納税義務者の範囲を確認しましょう
平成29年に改正された相続税の納税義務者の範囲を確認しましょう

【一時居住とは?】

相続開始の段階で、在留資格のある方で、相続開始前15年以内に日本に住所があり、住所があった期間が合計10年以下の人を一時居住者と言います。

2.納税義務者の改正点

平成29年に改正された相続税の納税義務者の範囲を確認しましょう

改正ポイント1:非居住無制限納税義務者の範囲拡大

改正前は相続人が日本国籍を持っていない場合には、被相続人が国内・国外どちらに居住している場合においても制限納税義務者となり、日本国内の財産のみが課税対象でした。

しかし、改正後はこの範囲が変更になります。

相続人が日本国籍を持っていない場合でも、被相続人が国内に居住している場合、もしくは国外に住所があり、相続開始前10年以内に日本国内に住所を持っていたことがある場合は

非居住無制限納税義務者となり、国内・国外全ての財産が課税対象となります。

改正ポイント2:国内住所保有期間の変更

国外に住所のある被相続人、相続人の国内住所保有期間が5年から10年に変更となりました。

まとめ

納税義務者の範囲の改正により、大きく変更となった箇所をご説明させていただきました。

相続人が日本国籍を持っていない場合の課税財産の範囲が無制限と制限に別れる形となりました。この改正は平成29年4月1日より適用されています。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

小規模宅地等の特例とは ~概要・要件・質疑応答~

 相続税の各種特例のうち最重要と言っても過言ではない特例が、「小規模宅地等の特例」です。 小規模宅地とあるのでなんとなく土地に関する特例なんだろうなというのはわかると思います。 相続税専門の税理士が小規模宅地等の特例についてわかりやすく解説します。 […]

原戸籍(改製原戸籍・はらこせき)とは!?

原戸籍(はらこせき)と言う言葉、聞いたことはありますか?正確には改正原戸籍(かいせいげんこせき)と呼ばれるものですが、これは相続の際必要となってくるものの一つです。 戸籍法の改正によって戸籍の様式が変更されるたびに、記載される情報が少しずつ変わってく […]

共有名義の土地の相続について知っておきたいこと

不動産の共有は遺産分割において避けた方がいいと言われています。この記事では共有名義の土地の相続について知っておきたい問題点と、また共有が適してるケースについても解説しますので参考にしてください。 1.共有名義の土地の基礎知識 共有とは、ひとつの物を複 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る