年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

家庭裁判所に相続放棄申述書を出す前に確認すべき4つのポイント【相続放棄の判断基準をご紹介】

家庭裁判所に相続放棄申述書を出す前に確認すべき4つのポイント【相続放棄の判断基準をご紹介】

相続放棄をする際に相続放棄申述書が必要です。書式や提出先をご存じですか?

今回は、相続放棄申述書を提出する前に、確認すべきポイントをご紹介しています。

相続放棄申述書についての説明と併せて是非ご確認ください。

1.相続放棄申述書とはなにか

相続放棄に必要不可欠な書類が相続放棄申述書です。相続放棄申述書について重要な点は以下のとおりです。

・提出する先は被相続人、つまり亡くなった人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所である。

・自己のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内にしなければならない。

家庭裁判所に相続放棄申述書を出す前に確認すべき4つのポイント【相続放棄の判断基準をご紹介】

勘違いしやすいですが、被相続人の死亡から3ヶ月ではないことに注意してください。あくまで相続の開始があったことを知った時から3か月以内です。

自己のために相続の開始があったというのは、自分の相続順位が回ってきたということです。

3か月という期間内に申述もなにもしなければ、単純承認といって、プラスの財産もマイナスも財産も相続したことになります。

つまり、相続放棄をするために家庭裁判所に相続放棄申述書を提出しなければ、借金まで無条件に背負うことになってしまうのです。

2.相続放棄申述書に決まった書式はあるのか

とても重要な相続放棄申述書の記載を間違えると大変です。失敗しないためには、検索で出てくる裁判所のホームページにあるPDFファイルを参考にして作成すると良いです。不明点は裁判所で教えてくれます。

裁判所HPリンク

3.ケース別・こんなときは相続放棄した方が良い!

相続放棄を選択すべき人① 借金の方が多いか保証人になっている場合

家庭裁判所に相続放棄申述書を出す前に確認すべき4つのポイント【相続放棄の判断基準をご紹介】

預貯金がある場合でも借金があれば相続財産がプラスになるとは限りません。借金がプラスの財産を上回る場合を債務超過と呼びますが、債務超過だと超過分だけ損をすることになるのです。

それどころか、預金は0で借金だけが残っていることもあるでしょう。このようなケースでは、相続放棄しない理由を探す方が難しいといえます。

さらに、被相続人自身に借金がなかったとして、または差し引きプラスだったとしても安心はできません。友人や知人の借金の保証人になっていることがあります。被相続人が保証人となっている場合には、もし相続することを選択すると、相続人が保証人となるのです。

家庭裁判所に相続放棄申述書を出す前に確認すべき4つのポイント【相続放棄の判断基準をご紹介】

つまり、保証人の地位を引継いだ相続人は、借金を返済するリスクを負いますので、被相続人が保証人となっている場合にも相続放棄をすべきでしょう。

被相続人が保証人になっているかどうかは、契約書があるはずです。借金をするときには金銭消費貸借契約が結ばれますので、金銭消費貸借契約書が残っているはずです。

金銭消費貸借契約は、貸した方、借りた方さらに、保証人も保有しているはずですので、探せば見つかることが多いでしょう。

相続放棄を選択すべき人② 遺産相続争いをしたくない場合

骨肉の争いとなりかねないのが遺産相続の怖いところです。心身をすり減らす前に安全圏に退避したいと考えても無理はありません。

また、争いは無くても、相続人でいる限りは遺産分割協議などの手続きで忙殺されることがあります。

たとえ、0円の相続であってもです。相続放棄を選択することで、これらの煩わしさから解放されます。

相続放棄を選択すべき人③ プラスの財産が死亡保険金だけの場合

家庭裁判所に相続放棄申述書を出す前に確認すべき4つのポイント【相続放棄の判断基準をご紹介】

亡くなったときに死亡保険金が出るタイプの生命保険に入っている方が被相続人の場合は要注意です。

他の財産はマイナスだけど、保険金を足せばプラスのケースでは、相続しても大丈夫と考えるかも知れません。しかし、死亡保険金は受取人の固有財産であって相続財産ではありません。

つまり、相続放棄すれば保険金からマイナスの財産である借金を返す必要がありません。

家庭裁判所に相続放棄申述書を出す前に確認すべき4つのポイント【相続放棄の判断基準をご紹介】

相続放棄を選択すべき人④ 損害賠償請求や訴訟の被告である場合

家庭裁判所に相続放棄申述書を出す前に確認すべき4つのポイント【相続放棄の判断基準をご紹介】

被相続人が、裁判を行っており、損害賠償請求や、訴訟に被告であった場合、相続すると、相続人が被告という立場を引き継がなければなりません。

被相続人が何らかの不法行為などで損害賠償請求を出されている場合は相続放棄すべきかどうかをよく考える必要があります。

請求にまったく根拠がないのであれば別ですが、負ける可能性が考えられて、自分が持ち出しになりそうであれば相続放棄した方が無難といえます。ただでさえ、被告として関わりをもたされるのは厄介なことです。

4.相続放棄前の最後のチェックポイント

(1)安易な相続放棄は考えもの

相続人が多いと何かと意見の対立があることも珍しくありません。熟慮の上で争いを回避するなら問題は無いですが、一時の感情でめんどうを避けるために相続放棄するのはおすすめできません。

後になって、相続しておけば良かったと思っても基本的に元には戻せません。3ヶ月はあっという間ですので、この3か月の間に必死に考えなければなりません。

また、プラスマイナスして借金が多い場合でも、それが払えないほどでないなら相続するという選択が良いこともあります。先祖代々の土地を守りたいときであれば、少しの負担は許容するという人もいるのです。

(2)他の相続人に迷惑をかけない

相続放棄をすれば、マイナスの財産を背負う義務はありません。しかし、その義務は他の相続人に被さることとなります。

相続人となるのは被相続人から見て以下の人たちです。

家庭裁判所に相続放棄申述書を出す前に確認すべき4つのポイント【相続放棄の判断基準をご紹介】

・配偶者は常に相続人

・第一順位…子供

・第二順位…直系尊属

・第三順位…兄弟姉妹

また、代襲相続などもあり、自分が相続放棄しただけでは解決しないこともあるのです。

ご自身が相続放棄するのであれば他の相続人にも、相続放棄することを伝えておきましょう。マイナスを被りたくない人全員が相続放棄することがいちばんです。

いざというときに慌てないためにも、早め早めの準備が望まれます。

だれが相続人になるのかを詳しく知りたいという方は、下記の記事をご参照ください。

相続人は誰?相続する順位をくわしく解説!これを見れば、誰でも相続人が誰になるかがわかります。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

相続放棄の際のハンコ代の相場について

“ハンコ代”とは ハンコ代とは、法的には支払い義務がありませんが、物事を円滑に進めるため、承諾を要する相手側に支払うお金のことです。相続では一般的に、遺産分割協議書に署名捺印してもらうために支払うお金のことをいいます。 ハンコ代は、これだけ支払うので […]

生活保護を受けている方の相続放棄について

生活保護を受けている方の相続放棄について 生活保護を受けている方であっても、当然、相続をすることが出来ます。 しかし、生活保護を受給されている方が生活保護を受給したまま保有することが出来る資産が定められています。 以下の資産については、基本的に保有す […]

相続放棄をした際の未払公共料金

日常家事債務は相続放棄出来ない 電気、ガス、水道などの公共料金は、「日常家事債務」です。 「日常家事債務」とは、 ・衣食住、光熱、家電製品・家具などの日用品・医療・娯楽・交際費・教育費 のようなものです。 これらの未払金は、相続放棄をすることが出来ま […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る