相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

底地を子供が買取った場合

底地を子供が買取った場合

底地とは借地権がついた宅地の所有権のことです。

親が借地に家を建てており、底地を子供が買取する場合、この底地に課税される贈与税はどう扱われるのでしょうか。

通常底地を子供が買取り、それに対する対価を親が子供に支払う場合は贈与税は課税されません。

親子間だと対価の受け渡しがされない場合いですが、子が土地を買取り地主となったのにも関わらず、その底地の対価が親から支払われない場合、親の所有していた借地権相当分の利益を子供が受けたことになり、よってその借地権分に贈与税が課されることになります。

そこで底地を子供が買い取った後も引き続き借地権者は親であることを税務署に申請しなければなりません。

親と子の連名で「借地権者の地位に変更がない旨の申出書」を提出することにより、借地権分の贈与税は免除されます。

しかし相続の際には家屋のほかにこの借地権も相続財産とされますので、贈与税は課されなくても相続税を納税しなくてはなりません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

大変お世話になりました。相続人は私1人ですべてを相続することになり、不動産があるため相続税がどのくらいになるのかとても不安でした。 どこの(実家のある地元か自宅のある東京か)どのような方にお願いすることがよいのかわからず、インターネットで検索し、紹介 […]

不案内な当方に、懇切丁寧にご教示・ご対応いただきました。

親切に対応していただきました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る