相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

一時使用の借地権の評価

一時使用の借地権の評価

土地の賃貸借がある場合、借地権などが相続の対象となります。

その評価が相続税評価額にも影響しますので相続人は注意が必要です。

借地権とは、建物の所有を目的とする地上権、または土地の賃借権のことを指し、その評価額は、その土地の更地価格に借地権割合を掛けて算出されます。

借地権というものは、土地そのものではなくその土地を使う権利ということです。

借地権には

・通常の借地権(旧借地法及び借地借家法第3条)
・定期借地権(借地借家法第22条)
・事業用定期借地権等(借地借家法第23条)
・建物譲渡特約付借地権(借地借家法第24条)
・一時使用目的の借地権(借地借家法第25条)

の5種類があります。

一時使用の借地権とは、その土地利用が一時的で継続性がなく、契約満期と共に使用権利を失う性質を持つものです。

例えば工事現場に隣接している土地を、その工事が終わるまで物置き場として貸し出す場合などがそれに相当します。

この一時使用の借地権の評価は雑種地の賃借権の評価方法と同じように求められます。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 などでお困りの方へ
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

(1)とても分かり易く説明していただきました。 (2)相続人三人が中々揃う日が無かったのですが、御遠方から何度も来ていただいて助かりました。 (3)電話でも高齢の私に丁寧に応対して下さいました。これからも何か困る事ができましたら、相談させていただきた […]

良き対応をして頂きました。又、その他の税対策も的確な答えを頂きました。ありがとうございました。

2人の親族が続いて亡くなり、途方に暮れていた数か月前を思い返すと胸が苦しくなります。 そんな時、わたしは運よくチェスターさんのホームページにたどり着きました。 山本税理士さんが親身に丁寧に話を聞いてくださり、帰る時には不安が解消されていました。 まと […]

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る