相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

一時使用の借地権の評価

一時使用の借地権の評価

土地の賃貸借がある場合、借地権などが相続の対象となります。

その評価が相続税評価額にも影響しますので相続人は注意が必要です。

借地権とは、建物の所有を目的とする地上権、または土地の賃借権のことを指し、その評価額は、その土地の更地価格に借地権割合を掛けて算出されます。

借地権というものは、土地そのものではなくその土地を使う権利ということです。

借地権には

・通常の借地権(旧借地法及び借地借家法第3条)
・定期借地権(借地借家法第22条)
・事業用定期借地権等(借地借家法第23条)
・建物譲渡特約付借地権(借地借家法第24条)
・一時使用目的の借地権(借地借家法第25条)

の5種類があります。

一時使用の借地権とは、その土地利用が一時的で継続性がなく、契約満期と共に使用権利を失う性質を持つものです。

例えば工事現場に隣接している土地を、その工事が終わるまで物置き場として貸し出す場合などがそれに相当します。

この一時使用の借地権の評価は雑種地の賃借権の評価方法と同じように求められます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

時間がないところ的確に対処していただき感謝しております。ありがとうございました。

今回は、父の相続に関する手続きをお願いしましたが、将来、母の相続を見据えての最適な資産分割案をアドバイス頂き、「流石!プロ」と感じ、大変満足しております。

お世話になりました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る