相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

借地権の転借と相続税

借地権の転借と相続税

借地権の転借と相続税

転借地権を、借地借家法第2条第4号では、「建物の所有を目的とする土地の賃借権で借地権者が設定しているものをいう」と規定しています。

つまり、ある人が他の人の土地を借りて、さらにその土地を又貸しした場合に、その最後に借りた人の有する権威を転借地権といいます。

通常土地を借りて家を建てたりする場合、その借りた人は、貸主に地代や権利金を払います。

しかし親子の場合は、親の借地に子が家を建てたりしても、その地代や権利金を払う事はありません。

そのように、親の借地権を子が無償で使用した場合に、それを借地権の使用貸借といいます。

その場合に、その借りた子に対して相続税が課されることはありません。

しかし、子がその親に対して相当の地代を支払った場合には、借地権の贈与があったものとみなされ、贈与税が課税されます。

また、「借地権の使用賃借に関する確認書」を税務署に提出して受理されれば、相続税が課されることはありません。

 

 

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

他社様に相談の流れが動き出しておりましたが、私がチェスター様に依頼した理由は、借地権付建物売買、新築場所、古建物取壊し後建築を始め、亡き主人の借り入れ先との問答等、不安で頭がいっぱいの時、息子の強い勧めでした。 保険、預貯金、使途不明金、生前中の複雑 […]

この度は、父の相続の件で大変お世話になりました。 夫婦間の資産移動の問題等により資料を揃えるのに手間取り、申告が期限間際となってしまいましたが、適切な処理により無事終えることができ感謝しております。ありがとうございました。

当初相続税の申告は、自らでやろうと考えておりましたが、申告内容を確認すると、 仕事の合間で出来る事ではないと思い、HP・面談でしっかりやってくれそうな貴社に 業務(申告・戸籍関係書類の取得代行)をお願いしました。 その結果、法定相続人が他に数人いる事 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る