相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

私道における小規模宅地の特例の適用可否

私道における小規模宅地の特例の適用可否

事業用の宅地や住居用の宅地など、建物・構築物を建設するための土地については、その土地の用途などの条件によって50〜80%の評価減という、小規模宅地の特例が受けられる場合があります。

それでは、住宅に面した私道についてはどのように考えればよいのでしょうか。小規模宅地の特例が受けられるのでしょうか。

私道でもさまざまな用途があります。たとえば、公道と公道の間にある私道のため、通り抜けに使用されたり、また、公共施設や商店街などが先にあり、そこに出入りするために使用されるような、不特定多数の人が通る私道。

このような私道については、評価額はゼロとなり、課税対象外となっています。

次に周りの家に住む特定の人だけが使用する私道についてですが、これは評価額(路線価または倍率方式)×30%の相当額で評価されます。

私道でも、その宅地を使用するために欠かせないとみなされた場合には特例の対象となる場合があります。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

この先どのように進めて良いやら、誰に頼めば良いのか、手続きにいくらかかるのか、全く分からず、インターネットで相続のことを検索したり、人に聞いたりしていたところ、義兄の勤めていた三井物産関係で、相続の講演があり相談もできるとの情報を聞き、チェスターに行 […]

私共よくわからない相続について素早く丁寧に対処していただきました。お仕事とはいえ、感謝しております。

メールでのやりとりが中心でしたが、担当者の方のレスポンスが早く、 質問や要望にも丁寧に対応していただけた印象です。 提出資料などについてはデータで送っていただくこともできたので、作業しやすくて助かりました。 少し時間はかかりましたが細かくチェックして […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る