相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

私道における小規模宅地の特例の適用可否

私道における小規模宅地の特例の適用可否

事業用の宅地や住居用の宅地など、建物・構築物を建設するための土地については、その土地の用途などの条件によって50〜80%の評価減という、小規模宅地の特例が受けられる場合があります。

それでは、住宅に面した私道についてはどのように考えればよいのでしょうか。小規模宅地の特例が受けられるのでしょうか。

私道でもさまざまな用途があります。たとえば、公道と公道の間にある私道のため、通り抜けに使用されたり、また、公共施設や商店街などが先にあり、そこに出入りするために使用されるような、不特定多数の人が通る私道。

このような私道については、評価額はゼロとなり、課税対象外となっています。

次に周りの家に住む特定の人だけが使用する私道についてですが、これは評価額(路線価または倍率方式)×30%の相当額で評価されます。

私道でも、その宅地を使用するために欠かせないとみなされた場合には特例の対象となる場合があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

必要な資料や調べることをきちんとリストにして示して頂けたこと、 および何時までに何を片付けるか概略のスケジュールを随時示して頂いて進めて頂けたことは、 分かり易く、安心感がありました。

相続という慣れないことで不安でしたが、担当の方のご対応がすばらしく安心してお願いすることができました。 申込後の応答や質問した時の回答の早さ、郵便は追跡番号のある物でやりとりと過不足のない対応をしていただき、ありがとうございました。

相続税申告期限の1ケ月前で時間の足りない中で、手際良く対応していただき本当に助かりました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る