年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

特定居住用宅地とは

特定居住用宅地とは

1.特定居住用宅地等とは

特定居住用宅地等とは、小規模宅地等の特例の一つの種類です。小規模宅地等の特例には、特定事業用宅地等、特定同族会社事業用宅地等、貸付事業用宅地等などの複数の種類が存在しますが、その中で、被相続人が居住していた家屋の敷地について一定額の減額をしても良いという特例を特定居住用宅地等といいます。すべての宅地の横に「等」が付いているのは、宅地だけでなく宅地の上に存する権利(借地権など)も含まれるためです。

2. 適用要件を確認しましょう

まず、大前提として被相続人が居住していた建物の敷地でなければなりません。
次の要件としては、上記の宅地等を下記の親族が相続する必要があります。 
① 被相続人の配偶者 
② 被相続人の同居親族 
③ 家なき子親族 
なお、③の家なき子親族とは下記に該当する場合を指します。 
・ 被相続人に配偶者がいないこと
・ 被相続人に同居親族がいないこと 
・ その宅地等を相続する親族が相続開始前3年以内にその者又はその配偶者の持ち家に住んだことがないこと 
 
また、上記②については、申告期限まで居住、所有する要件が別途あります。上記③については、申告期限まで所有する要件が別途あります。ちなみに①については、所有要件や居住要件はありません。

3. どのくらい減額できるのか

特定居住用宅地等の減額割合は330㎡まで80%となります。300㎡で1億円の宅地等であるならば、要件を満たせば2,000万円で評価ができますので非常に重要な特例というのがわかると思います。

関連性が高い記事

小規模宅地等の特例とは ~概要・要件・質疑応答~

 相続税の各種特例のうち最重要と言っても過言ではない特例が、「小規模宅地等の特例」です。小規模宅地とあるのでなんとなく土地に関する特例なんだろうなというのはわかると思います。相続税専門の税理士が小規模宅地等の特例についてわかりやすく解説します。 1) […]

小規模宅地の特例において「同居」の意義

人の死はある日突然やってくるものですが、人が死ぬと直ちに相続が発生します。財産を相続した人は10ヶ月以内に相続税の申告と納付をしなくてはなりません。 この際に問題となるのが「相続人が被相続人と同居していた家」や「被相続人が事業のために使っていた土地」 […]

特定居住用宅地とは

1.特定居住用宅地等とは 特定居住用宅地等とは、小規模宅地等の特例の一つの種類です。小規模宅地等の特例には、特定事業用宅地等、特定同族会社事業用宅地等、貸付事業用宅地等などの複数の種類が存在しますが、その中で、被相続人が居住していた家屋の敷地について […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る