相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

特別養護老人ホームと小規模宅地の特例の関係

特別養護老人ホームと小規模宅地の特例の関係

小規模宅地の特例は、居住用や、事業用の土地において、ある一定条件を満たせば相続税の減額の特例を受けられる制度です。

条件のひとつとして、「被相続人などの居住の用に供されていた宅地」とあり、生活の中心がそこにあったことが必要となります。

では、被相続人が死亡前に、特別養護老人ホームに入居していたら、その扱いはどうなるのでしょうか。

相続の際には、被相続人は高齢になっていることが多く、このようなケースはよくみられます。老人ホームの入所においては、下記のような判定基準があります。

(1)身体や精神的に介護が必要で入所したこと。
(2)建物の状況としては、いつでもそこに戻って来て生活できるように維持されていること。
(3)被相続人が老人ホームに入所後、その建物を他人の居住用などに使用していないこと。
(4)老人ホームの所有権が、終身利用権ではないことなどです。

なお、「特別養護老人ホーム」はもともと介護が必要な人が利用する施設ですから、(1)の理由に当てはまります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

親切に対応していただきました。ありがとうございました。

相続の準備として、いろいろな企業が主催する相談会・勉強会に出席していましたが、こちらの本当に聞きたい事への回答がどうも曖昧でした。 貴社を訪問し、近岡課長様に名義預金、贈与について明快な回答をいただき、すぐに「チェスター相続クラブ」に入会致しました。 […]

お忙しい時期に関わらず引き受けて下さってありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る