相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

生計を一とは?(小規模宅地等の特例)

1.生計を一とは?

相続税法などでは、家族の関係が生計をともにしているかどうかという判断が重要になることが多く、このときによく「生計を一」という言葉が使われます。生計を一にするというのは、必ずしも同居が必要ではありません。たとえば子どもが学校の寮に入っているなどして、別で暮らしていたとしても、休みには必ず戻ってきて一緒に暮らしている、または親は常に生活費や学費などを仕送りしている、ということであれば、それは生計を一にすることとなります。

また、離婚によって親と子が別居することになった場合でも、生活費を送金している事実があれば、それは生計を一にしているとみなされます。基本通達2-47には、「親族が同一の家屋に住居している場合で、明らかに互いに独立した生活を営んでいると認められる場合を除き、これらの親族は生計を一にするものとする。」とあります。この場合の「独立」がどの程度のものなのかがはっきりとしておらず、問題になることが多くあります。

2.小規模宅地等の特例への影響

 相続税の土地評価の減額特例である小規模宅地等の特例の中に、「生計を一親族の居住用宅地の特例」等といった「生計を一」関係の特例があります。この場合には、相続税法に生計を一の解釈条文がないため、所得税法の規定を参酌することになります。

 実務上は、最終的に税務署がチェックするポイントは、「お金のやりとりがあるかどうか?」です。親所有の土地建物に住んでいる別居の子供がいる場合、親と生計を一関係であれば、別居の子供が住んでいる土地が小規模宅地等の特例の対象になりますが、要件を満たすためには、「親から子へ生活費等の送金」があるか、もしくは「子から親への生活費等の援助送金」、明確なお金のやりとりが必要です。

 つまりは、この生計を一親族が住んでいる居住地が守られる趣旨が、親子間で生活費の援助関係があるような場合には、生計を一親族の居住地も守ってあげようということになりますので、ただ単に夜ご飯を一緒に食べているや頻繁に行き来しているということだけでは不十分なのです。

3.生計を一の判断は税理士と相談の上で

 このように生計を一という言葉、税法特有の言葉ですので、安易に判断せずに税理士と相談の上で、特例適用の可否等を検討することが重要です。特に小規模宅地等の特例においては、「生計を一」で申告する事案は、それほど多くはないため、税務署側としても注目するポイントとなります。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る