相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

通常必要と認められる生活費とは

通常必要と認められる生活費とは

各種法律において、財産の贈与があっても、相続税や贈与税がかからない財産というものが定められており、その中の一つに扶養義務者からの生活費として認められるものという項目があります。

扶養義務者から生活費として金銭などを贈与することは、生活上で必要なものとしてみなされるため相続税や贈与税が免除されることになります。

生活費として通常必要と認められる範囲のものであれば、という条件付きなのですが、それではこの通常必要と認められる範囲の生活費とは、具体的にどの程度の物の事を言うのでしょうか。

相続税法基本通達の中にはこのような記述があります。

法第21条の3第1項第2号に規定する「通常必要と認められるもの」は、被扶養者の需要と扶養者の資力その他一切の事情を勘案して社会通念上適当と認められる範囲の財産をいうものとする。(平15課資2-1改正)(出典:相続税法基本通達21の3-6より)

つまり、生活費として常識の範囲内で使用される金額であれば、その範囲内と認められるということになります。

その金銭を使用して不動産などを購入するなど、不適切な用途で使われていると認められた場合は非課税対象から外れてしまいます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

急な依頼にもかかわらず、笑顔で対応してくれ、不安な事があり何度連絡しても丁寧に答えてくれて安心しました。次の時もぜひとも指名させて下さい。本当にありがとうございました。

大変良かったです。

相続人サイドに立った意見してくれてありがたかったです。 税務署の立場もわかりやすく説明してくれて感謝です。  

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る