相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

共有財産と相続税評価

共有財産と相続税評価

財産の持ち主の死亡後、残された財産は相続人に相続されることになります。

特に遺言などを残していない場合には、全ての相続人の共有財産という扱いになります。

普通はそこから、1人がどのくらいの財産を相続するかということを話し合ったり裁判をしたりして、残された相続財産の分割を行います。

一つの財産を複数人数で共有している場合、その管理方法や、それから利益が得られるような財産であった場合にもめ事が起こりやすいためです。

ですので、財産分割はきちんと早めに行うことが好ましいと言われています。

しかし、その共有財産を分割して相続せず、相続人たちの間で共有した状態で保有し続けると言うことになった場合には、その相続税評価はどのように行われるのでしょうか?

相続税は、相続人一人当たりに決まった額が課税されますので、共有財産の場合も例外ではなく、共有財産全ての額に課税される相続税が相続人の人数で割られた額が、1人当たりの課税額となります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

有難うございました。

全く解らない事ばかりで、一つ一つ親切にお答え頂き助かりました。

初めての事なので、分からない事ばかりでした。 しかし、職員の方の分かりやすい説明で、納得致しました。お世話様でした。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る