相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

特別受益と相続税

特別受益と相続税

法定相続人はあらかじめ決まっていますが、特定の相続人だけが被相続人の生前に、被相続人から何らかの贈与を受けている場合があります。

この贈与などのことを特別受益と言い、それを受けた相続人の事を特別受益者と言います。

この特別受益があった場合、相続税の評価などにはどのように影響するのでしょうか。

特別受益者とその他の相続人が、特別受益を考慮せずに相続を行ってしまうと、不公平になってしまう恐れもあります。

これを防ぐため、相続においては少し変わった財産分割方法が法律によってあらかじめ決められています。

どのように分割を行うのかというと、特別受益者が生前贈与等によって受け取った財産額を、相続財産の総額にプラスして考え、その総額を相続人の人数で割ります。

こうすることによって、全員の仮の相続財産額が導き出されます。

さらに、1人頭の相続額から、特別受益によって受け取った額を引いた額が、特別受益者が実際に相続することのできる額となります。

これについての相続税も、その他の場合と同じで特別な規定はありません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

・全体的なプロセスに対するきちんとした説明 ・相手の要望を確認した上でのプロセス ・eメールでの応答の適切さと早さ 対応に満足しております。ありがとうございました。

大変良かったです。

期限がせまっているにもかかわらず、快くスムーズな対応をして頂き安心できました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る