相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

特別受益の持戻とは

特別受益の持戻とは

特別受益の持戻とは

特別受益とは、被相続人から特定の相続人が生前贈与や遺贈を受けていた場合の利益のことです。

贈与や遺贈を受けながらさらに遺産を法定相続分通りに受け取ると、不公平が生じます。

ですからこの場合、その受益分を相続財産に加算して分割を決定することになります。

これを特別受益の持戻といいます。

では、どのようなものが特別受益財産として考慮されるのでしょうか。

まず一つは、持参金や支度金など婚姻のための資本です。

次に、学資も特別受益財産の対象となります。

この場合、親の扶養義務に属する義務教育の費用は含まれません。

また、現在の教育水準から考えると高等学校教育も義務教育として見ることができますので、これに関する費用も含まれません。

ですから、大学以上の教育に関する費用などがこの特別受益の範囲として考えられます。

その他に、不動産、金銭、有価証券、金銭債権の贈与、生命保険金、死亡退職金、遺族扶助料なども特別受益に含まれます。

なお、被相続人が遺言などで持戻免除の意思表示を行っていた場合には、それにしたがって持戻は行わなくてもいいことになっています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

未分割税申告及び相続問題での弁護士紹介もしていただき、大変たすかっています。 最終解決まで宜しくお願い致します。

*報酬も計算式があって明確。 *申告書:カラフルな目次で非常に見易い仕上がり。挿入資料も証憑書類に加え、現地写真、実測値、地図、yahooによる株関係資料も適宜掲載され、実態が容易に確実に把握できる内容・構成になっている(見る者に親切になるような製本 […]

税理士さんは、もちろんのこと、不動産のことで、司法書士さんにもお世話になり、ありがとうございました。 不動産の売却も、チェスターさんにお願いしているところですが、これも、良い値で早く売れることを願っています。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る