相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

特別受益の持戻とは

特別受益の持戻とは

特別受益とは、被相続人から特定の相続人が生前贈与や遺贈を受けていた場合の利益のことです。

贈与や遺贈を受けながらさらに遺産を法定相続分通りに受け取ると、不公平が生じます。

ですからこの場合、その受益分を相続財産に加算して分割を決定することになります。

これを特別受益の持戻といいます。

では、どのようなものが特別受益財産として考慮されるのでしょうか。

まず一つは、持参金や支度金など婚姻のための資本です。

次に、学資も特別受益財産の対象となります。

この場合、親の扶養義務に属する義務教育の費用は含まれません。

また、現在の教育水準から考えると高等学校教育も義務教育として見ることができますので、これに関する費用も含まれません。

ですから、大学以上の教育に関する費用などがこの特別受益の範囲として考えられます。

その他に、不動産、金銭、有価証券、金銭債権の贈与、生命保険金、死亡退職金、遺族扶助料なども特別受益に含まれます。

なお、被相続人が遺言などで持戻免除の意思表示を行っていた場合には、それにしたがって持戻は行わなくてもいいことになっています。

相続・各種手続き、お困りごとなど「相続」に関するご相談ならお任せください!【TEL】0120-992-430(平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00)

※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税申告、お見積り・面談予約。「相続税申告」に関することはお任せください!【TEL】0120-888-145(平日9:00~20:00、土曜9:00~17:00)

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

①メールでの質問等に対する回答が、常に早かったので、スムーズにコミュニケーションが取れた。 ②税金についての区役所からの問合せについて、相談したところ、区役所まで電話で、確認して頂いた。

もともと公認会計士をしていた若いお2人が、税理士業を開業されたとのことで依頼した当初は、正直言って、実務経験不足や人生経験不足に一抹の不安がありました。が、それは見事に杞憂に終わりました。 なにしろ税理士報酬額はコスト重視プランを選んだとは言え同業他 […]

長津さん、渋井さんともに知識が豊富で、当方の質問に対しては極めて迅速にご回答いただき、期限内に時間的余裕を持って相続税の納付ができました。大変感謝しております。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る