相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

特別受益の持戻とは

特別受益の持戻とは

特別受益とは、被相続人から特定の相続人が生前贈与や遺贈を受けていた場合の利益のことです。

贈与や遺贈を受けながらさらに遺産を法定相続分通りに受け取ると、不公平が生じます。

ですからこの場合、その受益分を相続財産に加算して分割を決定することになります。

これを特別受益の持戻といいます。

では、どのようなものが特別受益財産として考慮されるのでしょうか。

まず一つは、持参金や支度金など婚姻のための資本です。

次に、学資も特別受益財産の対象となります。

この場合、親の扶養義務に属する義務教育の費用は含まれません。

また、現在の教育水準から考えると高等学校教育も義務教育として見ることができますので、これに関する費用も含まれません。

ですから、大学以上の教育に関する費用などがこの特別受益の範囲として考えられます。

その他に、不動産、金銭、有価証券、金銭債権の贈与、生命保険金、死亡退職金、遺族扶助料なども特別受益に含まれます。

なお、被相続人が遺言などで持戻免除の意思表示を行っていた場合には、それにしたがって持戻は行わなくてもいいことになっています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

1.相続税に関するこちらの質問に即に応えてくれた。 2.司法書士さんとの連携がうまくとれているように見えた。 3.結論が早いと思えた。

初回来宅の無料見積もりから、契約後の中途の各種確認、最後の来宅時の関連資料や署名・捺印まで、素人にもわかりやすく要点を丁寧に説明して頂き、一貫して大変満足できるサービスでした。また些細な疑問点について頻繁にメールで質問した際にも、毎回迅速に応えて頂き […]

・考えていた以上にスムーズにものごとが進み、専門性の高さを感じました。 ・私どもへの対応は、不安や過剰さが無く過不足ない説明でした。 ・税務署対応などでは親身であると感じました。 ・少ない対面、現地調査で状況把握を適格にしていただきました。 ・文書作 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る