年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

特別受益の持戻とは

特別受益の持戻とは

特別受益の持戻とは

特別受益とは、被相続人から特定の相続人が生前贈与や遺贈を受けていた場合の利益のことです。

贈与や遺贈を受けながらさらに遺産を法定相続分通りに受け取ると、不公平が生じます。

ですからこの場合、その受益分を相続財産に加算して分割を決定することになります。

これを特別受益の持戻といいます。

では、どのようなものが特別受益財産として考慮されるのでしょうか。

まず一つは、持参金や支度金など婚姻のための資本です。

次に、学資も特別受益財産の対象となります。

この場合、親の扶養義務に属する義務教育の費用は含まれません。

また、現在の教育水準から考えると高等学校教育も義務教育として見ることができますので、これに関する費用も含まれません。

ですから、大学以上の教育に関する費用などがこの特別受益の範囲として考えられます。

その他に、不動産、金銭、有価証券、金銭債権の贈与、生命保険金、死亡退職金、遺族扶助料なども特別受益に含まれます。

なお、被相続人が遺言などで持戻免除の意思表示を行っていた場合には、それにしたがって持戻は行わなくてもいいことになっています。

関連性が高い記事

特別受益の持戻とは

特別受益の持戻とは 特別受益とは、被相続人から特定の相続人が生前贈与や遺贈を受けていた場合の利益のことです。 贈与や遺贈を受けながらさらに遺産を法定相続分通りに受け取ると、不公平が生じます。 ですからこの場合、その受益分を相続財産に加算して分割を決定 […]

特別受益者と特別寄与者について

特別受益者と特別寄与者について 特別受益者とは、被相続人から生前贈与や遺贈により利益を受けているものを指して呼びます。 特別受益に該当するものとして相続時に遺言で遺贈された財産、結婚や養子縁組により持参金や支度金等の形で贈与された財産、住居の新築資金 […]

生前の資金援助と相続(特別受益)

生前の資金援助と相続(特別受益) 遺産分割にあたり、民法では特別受益が認められています。 何が特別受益となるかは金額や資産、生活実態などから判断されます。 相続人に対する遺贈はすべて特別受益となります。 遺産分割においては、相続人全員が納得のもと、遺 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る