年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

特別受益者と特別寄与者について

特別受益者と特別寄与者について

特別受益者と特別寄与者について

特別受益者とは、被相続人から生前贈与や遺贈により利益を受けているものを指して呼びます。

特別受益に該当するものとして相続時に遺言で遺贈された財産、結婚や養子縁組により持参金や支度金等の形で贈与された財産、住居の新築資金や新築の為の土地の贈与など生計を立てるために贈与された資本などです。

この特別受益者は相続人でなければいけません。

なぜ特別受益者という存在があるかというと、特別受益の持ち出しという制度があるからです。

これは、生前の被相続人の贈与や遺贈の意思を尊重しながらも、これら贈与や遺贈分を持ち出し、法定相続分の修正をすることで相続人間の平衡を図るためにあります。

特別寄与者とは、被相続人の生前にその財産や生計の確保の為に特別に貢献した相続人を指しこう呼びます。

あくまで特別であることが前提で、一般的な親の介護や扶養には適応されません。

これは、義務とみなされるからです。

この特別寄与者が主張する寄与分は相続人全員の話し合いである遺産分割協議で決められ、意見が一致すれば特別寄与者は相続財産にこの寄与分が追加されて財産を相続することとなります。

関連性が高い記事

特別受益の持戻とは

特別受益の持戻とは 特別受益とは、被相続人から特定の相続人が生前贈与や遺贈を受けていた場合の利益のことです。 贈与や遺贈を受けながらさらに遺産を法定相続分通りに受け取ると、不公平が生じます。 ですからこの場合、その受益分を相続財産に加算して分割を決定 […]

特別受益者と特別寄与者について

特別受益者と特別寄与者について 特別受益者とは、被相続人から生前贈与や遺贈により利益を受けているものを指して呼びます。 特別受益に該当するものとして相続時に遺言で遺贈された財産、結婚や養子縁組により持参金や支度金等の形で贈与された財産、住居の新築資金 […]

生前の資金援助と相続(特別受益)

生前の資金援助と相続(特別受益) 遺産分割にあたり、民法では特別受益が認められています。 何が特別受益となるかは金額や資産、生活実態などから判断されます。 相続人に対する遺贈はすべて特別受益となります。 遺産分割においては、相続人全員が納得のもと、遺 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る