相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

贈与契約書の作成方法

贈与契約書の作成方法

贈与契約書の作成方法として、契約書の内容を十分に明確にしましょう。

不動産の時には所在地、地番、地目、地籍を登記謄本と同じように、記載していきます。

銀行の預貯金についてはすべての銀行名、口座の種類、口座番号、口座名義人などを記入しましょう。

次に大切な事として、 引渡しの履行期、引渡しの費用の負担を明確にしていきます。

そのためしっかりとした日を決めて、それにかかる費用の計算も行うようにしていきます。

贈与者、また受贈者双方が記名または署名し、押印します。

この時に実印でなくても問題ないですが、間違いないようセキュリティを心がけたい方は署名と押印が確実です。

贈与契約の存在、作成時期を明確にしておきたい場合には、確定日付けを押しましょう。

公正証書による贈与契約書として公証役場で作成できます。

大まかに誰が誰に譲渡を行うのかをしっかり明記します。

宅地の記載、建物の記載、口座の表記を明記し贈与者と受贈者の住所、氏名を明記します。

死因贈与契約書

死因贈与契約書も同じように贈与者と受贈者の住所、氏名を明記します。

次に
(贈与の目的物等) 第1条 甲は、甲の所有にかかる下記の土地を乙に贈与 することを約し、乙はこれを受諾した。
と表記を続けていきます。

所在 〇〇市〇〇町〇丁目〇〇番〇〇 地番 〇〇番〇〇 、地目 宅地 、地積 〇〇〇平方メートルと細かく記載をしていきます。

手間や時間をかけずに完了

乙の死亡 、第4条 万一、甲が死亡するより先に乙が死亡したときには、本契約はその効力を失う。

などとこのようなケースに関しての手続きを行っていきます。

初めての方で書き方が分からない、また書き込んでいる際の疑問などは専門家のアドバイスや指導の下に書き込んでいくことで手間や時間をかけずに完了することが可能になります。

相続の際の贈与税についての相談は税の専門家である税理士法人への相談がおススメできます。

税理士法人への相談を行うことによって十分に解決を行うことが出来るとともに税金の支払い方の手助けなども行っています。

税金に関しての支払い方が分からない方にも対応してます。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る