相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続税申告書の共同提出について

相続税申告書の共同提出について

相続税申告書の共同提出について

相続によって遺産を取得し、遺産総額が基礎控除額を上回ったときは、相続税の申告をする必要があります。

相続税の申告は、相続の開始を知った日の次の日から10か月以内に提出しなければなりません。書類の提出方法は、郵送または持参のどちらでも良いですが、郵送した記録が残るようにすると良いでしょう。なお、提出先は、被相続人が亡くなった際に居住していた住まいの所轄税務署です。

相続税法の規定によれば、相続人が複数いる場合には、1つの申告書を共同提出することができ、この方法は一般的にも広く利用されています。

しかしながら、相続人間の協議において、遺産分割が進まなかったり、争いやもめ事が発生してしまった場合には、別々の税理士を依頼し、別々に申告書を提出することもあります。このような場合には、記載内容に相違点がみられることが多く、どれが正しい内容なのかを見極めるために、税務調査の対象になることが想定されます。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る