年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスター相続実務研究所

税理士法人チェスターの内部組織「チェスター相続税実務研究所」による相続税実務の詳細解説となります。

相続税実務において、書籍に載っていないような難解な事例のご紹介をします。

※記事の内容はすべて執筆時点の法令に従っております。なお、当該記事の内容を利用して発生した損害等に関して、税理士法人チェスターは一切の責任を負いかねます。

開発が行われた土地等、近隣の住民が共有で調整池の持分を持っているケースがあります。 ここでは、調整池の相続税評価について記載します。 調整池の評価について詳しく知りたい方はコチラ>> 調整池は地目としては池沼に該当することになりますが、池沼は原野に準 […]
【前提】 ・所有する不動産の一部が地方公共団体へ有償貸付されている。 ・地方公共団体との賃貸契約書があり、年額約10万円の入金がある。 ・提供している不動産は、2車線の道路となっており、公衆用道路である。 【評価方法】 私道の評価は、以下の区分に応じ […]
小規模宅地等の特例(特定居住用)の適用については、 ①被相続人の居住の用に供されていた宅地等 ②被相続人と生計を一にする被相続人の親族の居住の用に供されていた宅地等 につき、適用が考えられますが、例えば以下の事例の場合、特例の適用可否は如何でしょうか […]
相続人Aと相続人Bがいました。相続人Bは身体障害者1級であり、AがBの成年後見人となっています。被相続人は、生前に公正証書遺言で財産を全てAに渡すという遺言を作成していました。AとBは仲が悪いという訳ではなく、AにBの面倒をみてほしいという思いからで […]
相続人Aと相続人Bがいました。相続人Bは身体障害者1級であり、AがBの成年後見人となっています。被相続人は、生前に公正証書遺言で財産を全てAに渡すという遺言を作成していました。AとBは仲が悪いという訳ではなく、AにBの面倒をみてほしいという思いからで […]
被相続人の居住の用に供されていた宅地等については、同居親族が取得する場合には、特定居住用として評価額を減額することが可能です。被相続人と相続人が同居していたと認められるか否かは、形式ではなく実態で判定されることとなりますが、以下の事例に沿って、確認し […]
被相続人(父)は、2つの土地建物を所有していました。 一つは、同族会社に賃貸しており、同族会社が被相続人の長男に賃貸している物件で長男が居住しています(以下「A不動産」)。もう一つは、被相続人と配偶者の自宅(以下「B不動産」)です。 一次相続でA不動 […]
土地所有者以外の者が土地を借り受け占有し、それについて地代を支払っていない場合、通常、当該土地は使用貸借にかかる土地として、自用地評価をすることになります。 では、以下のような場合でも、自用地評価をすべきなのでしょうか。 1.本件土地の所有者は被相続 […]
以下の事情の下、100万円と35万円の税額はBの相続にかかる相続税申告において、相次相続控除の計算に算入されるのでしょうか。 ① 平成23年、Aが死亡し、配偶者Bら相続人は相続税の申告をし、納税した。 ② 税務調査が入り、B名義のAに帰属する財産(い […]
私道の評価においては ①不特定多数の者の通行の用に供されている場合には、その価額を評価しないもの ②特定の者の通行の用に供されている場合には、その私道の用に供されている宅地を自用地として評価した価額の100分の30に相当する価額で評価するもの とされ […]

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る