年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスター相続実務研究所

税理士法人チェスターの内部組織「チェスター相続税実務研究所」による相続税実務の詳細解説となります。

相続税実務において、書籍に載っていないような難解な事例のご紹介をします。

※記事の内容はすべて執筆時点の法令に従っております。なお、当該記事の内容を利用して発生した損害等に関して、税理士法人チェスターは一切の責任を負いかねます。

以下の事情の下、100万円と35万円の税額はBの相続にかかる相続税申告において、相次相続控除の計算に算入されるのでしょうか。 ① 平成23年、Aが死亡し、配偶者Bら相続人は相続税の申告をし、納税した。 ② 税務調査が入り、B名義のAに帰属する財産(い […]
私道の評価においては ①不特定多数の者の通行の用に供されている場合には、その価額を評価しないもの ②特定の者の通行の用に供されている場合には、その私道の用に供されている宅地を自用地として評価した価額の100分の30に相当する価額で評価するもの とされ […]
質問の前提 ・相続人は子A、子Bの合計2名です ・被相続人は生前に遺言書を作成しており、同居していたAに自宅の土地(以下土地A)建物を相続させる旨を記載していました。 ・自宅の他に貸家の敷地となっている土地(以下土地B)を有していますが、遺言書から記 […]
質問内容 以前、父(贈与者)から贈与で現金を受け取りました。贈与にあたって贈与契約書を作成し、平成26年1月1日に父の実家に赴き、話合いのもとで私と父はその契約書に自署押印をしました(契約日は平成26年1月1日と記載しています)。 今回の贈与契約書で […]
親が借地している土地の所有権(底地)をその子が地主から買い取った場合において、親と子との間で地代の授受が行われなくなったときは、親の所有していた借地権は子が土地(底地)を買い取ったときに親から子へ対して贈与があったものとして取り扱われます。このとき、 […]
評価対象地が埋蔵文化財包蔵地に該当する場合、土地の評価をするうえで、なんらかの評価額の減額は可能なのでしょうか。財産評価基本通達においては明確な評価基準はありませんが、以下裁決事例により、基本的な考え方が示されました。 【H20.9.25付裁決事例】 […]
以下のような事情の下、小規模宅地特例の適用は可能なのでしょうか。 ①被相続人Aは、自己の所有する甲土地・建物に1人で居住していた。 Aとは生計が別である姪Bは、借家で暮らしていた。 ②Aはあるとき病に倒れ入院した。 ③BはAの入院をきっかけに、甲土地 […]
相続人が85歳未満の障害者のときは、障害者控除を適用することができますが、ここでいう障害者とは、以下の者が該当します。 【一般障害者】 ・身体障害者手帳上の障害等級が3級~6級 ・精神障害者保健福祉手帳上の障害等級が二級又は三級 【特別障害者】 ・身 […]
一次相続における申告   相続税法第55条によると、未分割遺産に対する課税の方法として、「民法(第904条の2(寄与分)を除く。)の規定による相続分又は包括遺贈の割合に従って当該財産を取得したものとしてその課税価格を計算するものとする」と規定されてい […]
借地権(又は底地)の相続税評価においては、地主及び借地人が個人か法人か、権利金の有無、無償返還届出書の提出の有無、そして地代の金額により、その評価方法は様々なパターンに区分されます。特に地代の金額については、実際に収受する地代の額と、通常の地代(※1 […]

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る