相続税の申告・相談なら年間申告実績1,700件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国10拠点】東京本店・新宿・池袋・千葉・大宮・横浜・名古屋・神戸・大阪・福岡
【全国10拠点】
最寄り事務所を探す»

面談予約専用フリーダイヤル

0120-888-145

平日 9時〜21時 土日祝 9時〜17時

  • 東京
    【東京事務所】直通フリーダイヤル0120-390-306
  • 新宿
    【新宿事務所】直通フリーダイヤル0120-688-377
  • 池袋
    【池袋事務所】直通フリーダイヤル0120-958-840
  • 千葉
    【千葉事務所】直通フリーダイヤル0120-567-905
  • 大宮
    【大宮事務所】直通フリーダイヤル0120-736-510
  • 横浜
    【横浜事務所】直通フリーダイヤル0120-958-968
  • 名古屋
    【名古屋事務所】直通フリーダイヤル0120-822-088
  • 神戸
    【神戸事務所】直通フリーダイヤル0120-817-825
  • 大阪
    【大阪事務所】直通フリーダイヤル0120-957-728
  • 福岡
    【福岡事務所】直通フリーダイヤル0120-359-520
お電話

各事務所詳細ページに飛びます

チェスターNEWS

特定の相続人への生前贈与~税務と法務における持ち戻しの違い~

2022/04/11

関連キーワード:

特定の相続人への生前贈与~税務と法務における持ち戻しの違い~

1.はじめに

先日お客様から、生前贈与に関する以下のようなご相談を承りました。

 

特定の相続人への生前贈与~税務と法務における持ち戻しの違い~

 

「特定の相続人に財産を継承させるために生前贈与をしたい」という、ご相談者様のお気持ちはよく分かります。

しかし、特定の相続人に財産を継承させるために行う生前贈与は、相続税や贈与税といった「税務」だけではなく、遺留分の算定基礎といった「法務」も検討する必要があります。

この理由は、贈与財産を相続財産として持ち戻す期間が、「税務は原則3年」「法務は原則10年」と取扱いが大きく異なるためです。

本稿では、特定の相続人に財産を継承させるための生前贈与を検討する際に注意すべき、「税務」と「法務」の持ち戻しの違いについてご紹介します。

 

2.税務における生前贈与の持ち戻し

生前贈与をする際に、主に活用されるのは「暦年贈与」と「相続時精算課税制度」です。

両者は贈与税の非課税枠があるため、適用要件さえ満たせば、一定の贈与額までは贈与税が課税されません。

しかし、相続開始前3年以内に行った暦年贈与と、相続時精算課税制度を適用した一定額の贈与については、贈与者の相続発生時に「相続財産」として持ち戻し、相続税額を計算することとなります。

 

2-1.「相続開始前3年以内」の暦年贈与は相続財産に加算

暦年贈与とは、1月1日~12月31日までの1年間(暦年)で贈与した金額が、贈与税の基礎控除額(年間110万円)以下であった場合、贈与税が課税されないという仕組みを用いた贈与方法のことです。

受贈者1人あたり年間110万円以下の贈与であれば、贈与税はかかりません。

しかし、相続開始前3年以内の暦年贈与は「相続財産」として持ち戻し、相続税額を計算することとなります。

つまり、暦年贈与を活用して生前贈与をしても、贈与日から3年を乗り切らなければ、相続税の課税対象となってしまうのです。

 

特定の相続人への生前贈与~税務と法務における持ち戻しの違い~

 

相続開始前3年以内の暦年贈与の取扱いについて、詳しくは「相続開始前3年以内の贈与は相続税の対象になる!?相続時加算される贈与とは?」をご覧ください。

 

2-2.相続時精算課税制度の贈与分は相続財産に加算

相続時精算課税制度とは、60歳以上の直系尊属(父母や祖父母)から、20歳以上(令和4年4月1日以降は18歳以上)の直系卑属(子供や孫)に対して生前贈与をした際に選択できる、贈与税に係る制度です。

相続時精算課税制度を利用すれば2,500万円までは贈与税が非課税となり、2,500万円を超えた贈与財産については贈与税の税率が一律20%となります。

そして相続時精算課税制度を活用した贈与財産については、贈与期間を問わず、贈与者の相続発生時に「相続財産」に持ち戻して相続税額の計算を行います。

 

特定の相続人への生前贈与~税務と法務における持ち戻しの違い~

 

また、相続時精算課税制度を適用すると、同じ贈与者から暦年贈与の基礎控除額(年110万円)を使えなくなります。

また、相続時精算課税制度を適用して宅地等(土地や借地権)を贈与すると、相続発生時に小規模宅地等の特例を使えなくなりますのでご注意ください。

相続時精算課税制度の概要について、詳しくは「相続時精算課税制度とは何か?メリットやデメリットも全て解説!」をご覧ください。

 

3.法務における生前贈与の持ち戻し

税務において生前贈与が相続財産として持ち戻されるのは相続開始前3年ですので、「3年さえ乗り越えれば問題解決」と思われる方が多いです。

しかし、遺留分の算定基礎といった法務においては、贈与した財産を相続財産として持ち戻す期間は「原則10年」となります(相続税の申告において、相続財産に加算されるわけではありません)。

そのため、生前贈与を行う目的が「特定の誰かに財産を継承させたいから」なのであれば、法務の持ち戻しも考慮する必要があるのです。

 

【遺言書あり】相続開始前10年以内の贈与財産は「遺留分侵害額の計算式」に含む

民法において、兄弟姉妹以外の相続人(被相続人の配偶者・子供・父母など)には、「遺留分(最低限の遺産の取得割合)」が認められています。

仮に遺留分権利者の取得分が自己の遺留分に満たない場合は、「遺留分侵害額請求」によって自己の遺留分を取り戻すことができます。

遺言書がある相続においては、原則として「相続開始前10年以内に生前贈与した財産」を「相続財産」に持ち戻して、遺留分の算定基礎に算入(遺留分侵害額を計算)することとなります。

つまり、特定の相続人に全財産を生前贈与して遺言書を作成していたとしても、贈与から10年を経過していなければ、他の相続人(遺留分権利者)は遺留分侵害額請求ができるということです。

 

特定の相続人への生前贈与~税務と法務における持ち戻しの違い~

 

なお、明らかに遺留分権利者に損害を与える意図がある生前贈与に関しては、期間の制限なく遺留分の算定基礎に算入されることとなりますので注意が必要です。

遺留分侵害額の計算方法について、詳しくは「遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)とは?計算方法・時効・手続きの流れ」をご覧ください。

 

【遺言書なし】贈与時期に関わらず贈与財産は「特別受益」となる

遺言書がない相続においては、相続人全員(本事例では長男と次男の2名)で遺産分割協議を行い、「誰が・何を・どれだけ取得するのか」を決めなくてはなりません。

しかし、特定の相続財産が被相続人から生前贈与された場合 は、贈与時期に関係なく「特別受益」として持ち戻すため、遺産分割協議に反映されてしまいます。

わかりやすく言うと、特定の相続人は生前に財産を贈与されている(特別受益がある)のだから、公平性を重視して遺産の取得分が少なくなる…という仕組みです。

 

特定の相続人への生前贈与~税務と法務における持ち戻しの違い~

 

特別受益とみなされる財産は多岐に渡り、不動産・金銭・死亡保険金などだけではなく、大学以上の教育に関する費用も含まれます。

今回のご相談者さまのように、「次男に相続させたくないから」という理由だけで長男に生前贈与を行うと、当然ながらその生前贈与された財産は特別受益とみなされます。

仮に今回のご相談者さまが遺言書を作成せずに亡くなり、長男に1億円を生前贈与していて相続財産が500万円であった場合、相続財産は1億500万円とみなされて次男の遺留分の算定をすることとなります。

特別受益の持ち戻しについて、詳しくは「特別受益とは~特別受益の持ち戻しや具体的な計算例を解説」をご覧ください。

 

4.生前贈与の税務と法務の持ち戻しにおける2つの対策

特定の人物に財産を継承させるために生前贈与をする際は、税務だけではなく、法務における持ち戻しも考慮しなくてはなりません。

具体的には、以下の2つの対策をされると良いでしょう。

・贈与者が若いうちに生前贈与をしておく
・相続財産について遺言書を作成しておく

贈与者が若いうちから暦年贈与を行い、相続財産について遺言書を作成しておけば、暦年贈与における持ち戻しの3年だけではなく、法務における10年の持ち戻しをクリアしやすくなります。

仮に、贈与者が若いうちに相続時精算課税制度を適用して生前贈与をしておけば、贈与財産は相続税の課税対象となりますが、遺言書を作成しておけば法務における10年の持ち戻しをクリアしやすくなります。

この他、財産を継承させたい相続人(受遺者)の家族構成や状況によっては、「教育資金の一括贈与」や「住宅取得等資金の一括贈与」や「結婚・子育て資金の一括贈与」など、贈与税が非課税となる他の制度を活用するのも有効な選択肢となります。

 

5.さいごに

生前贈与を検討する際は、「生前贈与をしたい理由」にあわせて、様々なシミュレーションが必要となります。

相続税対策のためだけに生前贈与をするのであれば、贈与者の年齢や財産状況、受贈者の家族構成や状況などを総合的に判断し、どの贈与税の非課税制度を適用すべきかを見極めるべきです。

しかし、特定の相続人に財産を取得さるために生前贈与をする場合は、税務だけではなく法務における持ち戻しも考慮しなくてはなりません。

法務において贈与財産を相続財産として持ち戻すのは最低10年、さらに遺言書の作成が必要となる点にも留意が必要です。

生前贈与を検討されている方は、「生前贈与をしたい理由」を明白にした上で、相続税や贈与税に強い税理士に相談されることをおすすめします。

 

※本記事は記事投稿時点(2022年4月11日)の法令・情報に基づき作成されたものです。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

※この記事は専門家監修のもと慎重に執筆を行っておりますが、万が一記事内容に誤りがあり読者に損害が生じた場合でも当法人は一切責任を負いません。なお、ご指摘がある場合にはお手数おかけ致しますが、「お問合せフォーム→掲載記事に関するご指摘等」よりお問合せ下さい。但し、記事内容に関するご質問にはお答えできませんので予めご了承下さい。

相続人になったら必ず読んでおきたい一冊

相続税専門の税理士法人チェスターが監修する、相続人が読むべき本「相続対策と相続手続き」、会社紹介と「はじめてでも分かる!相続税申告&相続対策の基本」を押さえたDVD特典付きの資料請求を無料でプレゼントしております。

これから相続が起きそうという方も、すでに相続が起きている方にも有効活用して頂ける一冊です。

【次の記事】:マンション購入・借入れによる相続税節税に係る最高裁判決(令和4年4月19日)

【前の記事】:国税庁が「令和2年分の国外財産調書の提出状況」を公表

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
21:00

土日祝
9:00-
17:00

お電話

面談予約専用

0120-888-145

【平日】9時~21時 【土日祝】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る