年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続対策(節税対策)のためには不動産投資が有効?節税以外の3つの+αにも注目!

相続対策(節税対策)のためには不動産投資が有効?節税以外の3つの+αにも注目!

相続時の節税(相続対策)を考えて、不動産購入を検討している方は購入前に確認しておいてほしいことがあります。

今回は、相続対策で不動産を利用する前に知っておきたい5つのポイントを紹介します。

1.なぜ不動産は相続税の節税になるの?

不動産が相続税の節税になるのは、投資用不動産を購入することにより相続税の評価額3割が減額されるためです。土地の評価額は2割ほど削減することができます。また、小規模宅地等の優遇措置という制度を利用することで5割から8割の評価を減額することができるのです。

相続対策(節税対策)のためには不動産投資が有効?節税以外の3つの+αにも注目!

小規模宅地等の特例についての詳細は、下記サイトをご参照ください。

80%の評価減で相続対策可能に!?小規模宅地等の特例の6つのポイントとは

得した具体的な例

【前提】200平米ほどの更地1億円を所有していて、その他に土地を所有していない場合

対策をしていない場合は更地のまま土地を相続します。相続税は土地の評価額1億円で計算されます。その更地にアパートや賃貸用の戸建てを建てた場合、相続税の計算方法としての評価額は以下のようになります。

相続対策(節税対策)のためには不動産投資が有効?節税以外の3つの+αにも注目!

もし、何も対策していなければ、相続税の計算上の評価額は1億円のままです。更地に賃貸用の建物を建てると、3,950万円となります。このような対策をすることで、相続税の評価額を6,050万円減額することができます。その結果、相続税を納付する金額も大きく削減することができます。

2.節税対策の投資だけでなく+αを理解することが大事

節税したいから、不動産投資をするということも重要ですが、不動産投資は節税目的以外にも多くのメリットがあるのです。どんな+αのメリットがあるのかを確認して、不動産投資を始めるとよいでしょう。

不動産投資は節税のためだけではなく、+αのメリットにも注目です。そのメリットを3つご紹介します。

(1)将来に向けて年金の代わりになる!

相続対策(節税対策)のためには不動産投資が有効?節税以外の3つの+αにも注目!

将来の年金については、労働人口が年々減少し続けていますし、高齢者の割合が増えているために、今後の年金額にも影響があるといわれています。

このような状況は既に知られていることですので、将来を考えると少し不安になるのではないでしょうか。想定していたよりも年金が足りなかったことを考えてみたことはありますか。先の見えない不安はできれば早めに準備をして対策をしておくことが大切です。

不動産投資は、家賃収入を毎月得ることができますので、老後の生活の年金の+αとなるでしょう。さらに、不動産投資をすることは、将来の年金不安にも対策をしながら、相続税の節税にも役立ちますのでメリットが多いといえるのではないでしょうか。

(2)万が一に備えて!生命保険の代わりになる

相続対策(節税対策)のためには不動産投資が有効?節税以外の3つの+αにも注目!

日本人は生命保険の加入率がとても高いといわれています。実に加入率は90%以上です。

しかし、これだけ多くの割合で生命保険には加入しているのに、同じようにメリットがある不動産投資をしている方はそれほど多くないのが実情です。

もし、不動産投資について知っていれば、恐らく生命保険のように不動産を購入したいと考えるようになるでしょう。なぜ不動産が生命保険の代わりになるのでしょうか。不動産を購入する際には、ローンを組みます。

ローンには団体信用生命保険に加入することがほぼ求められています。この保険は、もし、ローンを組んだ方が亡くなってしまった場合には保険でローンの残債を亡くなった方にかわって完済してくれるのです。

生命保険に加入すると、死亡保険金などのお金が残ります。不動産の場合にも、もし何かあったときにはローンの残債は全てなくなり、借金のない不動産を遺族に残すことができます。生命保険と投資不動産は、万が一のときに遺族に安心を与えてくれます。

(3)景気に左右されにくい!

相続対策(節税対策)のためには不動産投資が有効?節税以外の3つの+αにも注目!

日銀の総裁の掲げた目標で、毎年2%のインフレを目指すと発表がありました。もし、仮にこのようなインフレが進んでしまうとどうなるのでしょうか。所持している現金は毎年2%ずつ目減りしていくことになります。インフレに強いのが不動産といわれています。

まとめ

不動産投資は、節税対策のためだけではなく、+αをもたらすことも可能です!節税効果と+a効果を確認して、不動産投資を行うことをおすすめします!

関連性が高い記事

孫への贈与による相続税対策

孫への贈与には3年内加算の適用なし 亡くなる日(相続開始日)前、3年以内に贈与を受けた財産については、相続財産に持ち戻されて、相続税がかかります。贈与を受けた財産の贈与のときの価額を、贈与を受けている人の相続税の正味の遺産額に加算するのです。つまり、 […]

墓地の購入は非課税なので相続税の節税になる

お墓は生前に購入しておくのがオススメ お墓や仏壇は、資産として相続税の課税対象になりませんが、相続開始後にお墓や仏壇を購入しても、その費用を相続税の債務として控除することができません。つまり、生前からお墓や仏壇を購入しておけば、その分財産がマイナスと […]

相続対策で法人化をするメリット

相続対策、税金対策で法人化するとメリットがあると言われていますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。 1. 所得の分散効果 一番のメリットは、所得を分散できることでしょう。所得税は累進課税となっていて所得が多くなればなるほど税率が高くなり […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る