年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

特別方式遺言ってどんなもの?4つの特別方式遺言について

特別方式遺言ってどんなもの?4つの特別方式遺言について

特別方式遺言ってどんなもの?4つの特別方式遺言について

遺言という言葉は聞いたことがある方も多いと思います。故人の想いや財産分与について書かれている物というイメージがあるのではないでしょうか?記載されている内容は皆さんのイメージで間違いないですが、遺言書事態には様々な種類があることをご存知ですか?遺言書には普通方式遺言と特別方式遺言の2種類があり、普通方式遺言には「自筆証書遺言書」や「公正証書遺言書」など一般的な遺言書があります。今回は、特別方式遺言という少し特殊な状態で作成する遺言についてご紹介します。

1.普通方式遺言と特別方式遺言って何が違うのか

普通方式遺言とは「自筆証書遺言書」「秘密証書遺言書」「公正証書遺言書」の3種類があります。これらの遺言書は書き方等に違いはありますが、遺言を作成するにあたりしっかりと時間をかけることができる状態にあるという部分では共通と言えます。

しかし、人生は何が起こるかわかりません。突然死期が目の前に迫ってきたときなど、緊急を要している状態で遺言を作成するということも十分にあり得ますよね。そのような状態で作成する遺言を「特別方式遺言」と言います。

特別方式遺言ってどんなもの?4つの特別方式遺言について

最も大きな違いとしては、普通方式遺言には有効期限というものはありません。遺言を作成する人が新しい遺言を作成した場合には、新しい遺言の方が効果を持ち、以前に書いた遺言は効果が無くなるというわけです。しかし、特別方式遺言の場合、期限があります。

危難となるような事態に遭遇し、特別方式遺言を作成したが、救助されたなど命が助かり、6ヶ月経過後にも存命されていればその遺言は無効となります。

2.特別方式遺言の種類について

1でもご説明したように、特別方式遺言は特殊な状況で遺言を作成しています。緊急時の特別措置という意味合いの遺言書になります。では特殊な状況とはどのような状態で、その状態によってどのような種類の遺言という扱いになるのでしょうか?

(1)2種類の危急時遺言

危急時遺言とは、病気や怪我等により生命の危機が迫っているような状態や船や飛行機の事故等により生命の危機が迫っている状態で作成する遺言を言います。危急時遺言には「一般危急時遺言」と「難船危急時遺言」の2種類があります。

特別方式遺言ってどんなもの?4つの特別方式遺言について

一般危急時遺言は、病気や怪我等により生命の危機が迫っているような状態で作成する遺言を言います。本人が遺言を作成することが出来なければ、証人となる人の中の1名に口頭で遺言を伝え書いてもらい、その他の証人が署名を行うことで遺言として成立します。

そのため、遺言書を作成するにあたり証人が3人以上必要となります。すべての証人立会のもと遺言書を作成します。証人となる人は利害関係者以外となりますので、推定相続人が証人とならないように注意してください。一般危急時遺言の場合には20日以内に遺言を書いた人の住所地の家庭裁判所で確認手続きを行う必要があります。

特別方式遺言ってどんなもの?4つの特別方式遺言について

特別方式遺言ってどんなもの?4つの特別方式遺言について

難船危急時遺言は、船や飛行機などを利用している際に危難が迫っている状態で作成する遺言を言います。難船危急時遺言書の作成も証人が必要となりますが、一般危急時遺言よりもより緊急性が高いことから証人の人数が2名となります。ご自身で遺言を書くことが出来ない場合には証人に口頭で伝えて書いてもらうことも可能です。

作成は一般危急時遺言と同様に証人の署名、押印が必要です。個人的な意見としては、船や飛行機の危難時に果たして証人を立てて遺言を書く余裕があるのか疑問ではありますが・・・。そして、一般危急時遺言と同様に遺言の効力についてを家庭裁判所で確認してもらう必要があります。一般危急時遺言のように日数の決まりはありません。

特別方式遺言ってどんなもの?4つの特別方式遺言について

【家庭裁判所での確認手続き方法】

家庭裁判所で行われる審判手続きとは、提出された遺言が遺言を遺す人の意思によるもだということを確認するための手続きです。危急時遺言の場合には必ず必要となります。

手続きを行う際には以下の書類が必要です。確認手続きと検認は異なります。遺言を執行するためには、再度、家庭裁判所で検認を行います。

特別方式遺言ってどんなもの?4つの特別方式遺言について

【危急時遺言の効果】

危急時遺言を残した人が亡くなった場合には、家庭裁判所にて検認を行い、遺言内容を執行します。病気や怪我が回復するなど亡くなる心配が無くなった場合には、以下の条件により遺言書の効果は無くなります。

特別方式遺言ってどんなもの?4つの特別方式遺言について

(2)2種類の隔絶地遺言

隔絶地遺言とは、伝染病などで隔離を余儀なくされている状態の人や、航海や船で長期間仕事をされている人などが作成する遺言を言います。危急時遺言とは異なり、生命の危機が迫まっている状態とまではいかないが、交通を立たれていたり、陸地から離れているなどにより普通方式の遺言を作成することが出来ない状態にある場合ということになります。

また、危急時遺言と異なり、命の危機が迫っている状態では無いことから本人が作成する必要があります。そのため、家庭裁判所での確認は必要ありません。

隔絶地遺言には「一般隔絶地遺言」と「船舶隔絶地遺言」の2種類があります。

特別方式遺言ってどんなもの?4つの特別方式遺言について

一般隔絶地遺言は、伝染病などで隔離を余儀なくされている状態の人や、刑務所に服役中の人などが作成する遺言を言います。災害等で被災されている方が一般隔絶地遺言を作成することも可能です。

一般隔絶地遺言を作成する場合には警察官1名と証人1名の立会が必要です。作成した遺言には遺言者、立会人それぞれの署名捺印が必要です。

特別方式遺言ってどんなもの?4つの特別方式遺言について

特別方式遺言ってどんなもの?4つの特別方式遺言について

航海中や船で長期間仕事をされている場合など陸地から離れている状態の人が作成する遺言を言います。飛行機は搭乗時間が短いためこの遺言書の作成には該当しません。

船舶隔絶地遺言を作成する場合には、船長もしくは事務員1名と証人2名以上の立会が必要です。作成した遺言には遺言者、立会人それぞれの署名捺印が必要です。

特別方式遺言ってどんなもの?4つの特別方式遺言について

まとめ

特別方式遺言は命の危機が迫っている状態や陸地から離れている状態など通常時ではない場合に作成される遺言を言います。特別な状況での遺言となるため、普通方式の遺言とは効力等において差別化されています。できるならばこのような遺言を書く事態にはなりたくないものですが、こういった種類の遺言も存在するということを知っていただければと思います。

関連性が高い記事

包括受遺者とは

包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]

包括遺贈と特定遺贈の違い

包括遺贈と特定遺贈の違い 遺贈という言葉が何を意味してるかご存じでしょうか?遺贈とは、遺言によって被相続人が法定相続人に関わらずある特定の者に遺産を与えることを意味します。 遺言では被相続人の遺産処理の意思表示の権利を許されているので、その遺贈相手が […]

相続時精算課税制度と遺留分の関係

相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る