相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

海外と日本に財産がある場合、相続税はどうなるの? 外国税控除を知らないと相続税が2重になるの?

海外と日本に財産がある場合、相続税はどうなるの? 外国税控除を知らないと相続税が2重になるの?

国外に財産がある場合、国によっては相続税のようなものを支払う必要があります。そうなると、1つの相続財産で日本と海外の2つの相続税を払うことになってしまいます。そのような事態を回避するために、「外国税控除」という特例があります。どういった場合に適用されるのかなど詳しくご説明します。

1.外国税控除の計算

外国税控除は、相続税を海外ですでに支払っている場合、日本で支払う相続税の中で外国の財産部分の割合を控除する特例です。相続税の外国税控除は下記のどちらか少ないほうの金額になります。
海外と日本に財産がある場合、相続税はどうなるの? 外国税控除を知らないと相続税が2重になるの?

2.外国税控除の適用を受けることが出来る人は?

外国税控除が適用されるには、以下の条件すべてに当てはまっている必要があります。

(1)相続(遺贈も含む)によって国外の財産を相続した人
(2)国外の財産について、その国で相続税に相当する税を課税された人

また、日本の相続税法上、相続人は大きくわけて「居住無制限納税義務者」「非居住無制限納税義務者」「居住制限納税義務者」「非居住制限納税義務者」の4つにわけられます。

【財産取得者が国内に居住】

海外と日本に財産がある場合、相続税はどうなるの? 外国税控除を知らないと相続税が2重になるの?

【財産所得者が国外に居住】

海外と日本に財産がある場合、相続税はどうなるの? 外国税控除を知らないと相続税が2重になるの?

外国税控除の適用されるには、上記の2つの条件をクリアしていることが前提となりますので、国内の財産のみが課税される「居住制限納税義務者」「非居住制限納税義務者」は外国税控除が適用されないということになります。

具体的な例を参考に見ていきましょう。

【例】
日本に居住している父の財産(国内10億円/国外5億円)を長男(海外居住)と長女(国内居住)が相続することになりました。遺産分配は長男が10億(国内5億円/国外5億円)、長女が5億(国内財産のみ)となり、相続税の支払いは長男が日本で1億円、海外で1億円支払い、長女は日本で1億円支払いました。この時外国税控除は適用されるでしょうか?

海外と日本に財産がある場合、相続税はどうなるの? 外国税控除を知らないと相続税が2重になるの?

この場合、長女は外国で相続税を支払っていないので、外国税控除の適用はありません。長男は外国税控除が適用されるので、1.でご説明した計算式にあてはめてみます。外国で支払った相続税は1億円、相続税額×(海外の財産÷相続人の相続財産額)で算出すると、5,000万円となり、低いほうが控除額となりますので、5,000万円が控除額です。

実際に外国で相続税のような税を支払い、外国税控除を適用する場合は、外国の税額を日本円に換算しなければなりません。換算については、外国の税額の納付期限もしくは送金した日の段階のTTS(電信売相場)となります。

3.外国税控除の手続きとは?

相続税申告書第8表の記載と、外国の相続税の申告書など、支払った税額が確認できる書類が必要です。

国税庁HPより「相続税申告書第8表

まとめ

日本でいう相続税と同じような税は、ある国とない国があります。相続税のような税の制度がある国に居住している場合、日本と海外と両方で相続税を支払うことになってしまうため、そのような場合は外国税控除の特例を適用しましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

申告期限までに残り少ない時点での依頼にもかかわらず、担当の長津様には、千葉まで何度か来ていただき、無事申告を終えることができました。大変感謝しております。取扱件数多数、経験も豊富なため安心しておまかせすることができました。 機会があればまたお願いした […]

・土曜日、日曜日に対応して戴いた事が大変助かった。 ・懇切丁寧に早く対応いただいた事 ・話し易かったこと

相続税の手続に関して滞り無く進めて頂いただけではなく、不動産の売却についても対応して頂いた。 結果的に不動産について依頼はしなかったが、他のルートの方が高く売れそうだった時に、無理に介入せず条件がいい方を勧めてくれた。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る