相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続人に異動があった場合

相続人に異動があった場合

相続が発生した場合、相続人たちは速やかに財産を分割して相続を確定させ、相続税の申告を行わなければならないと相続税法において規定されていますが、相続というのは少し特殊な状況下で行われるため、特例も設けられています。

その中の一つのケースに、「相続人に異動があった場合」というものがあります。

これは一体どう言ったケースなのでしょうか。

相続人の異動とは、相続人の排除や欠格、つまり相続人が相続権を失ってしまうことや、相続人が失踪の宣告をうけること、もしくは失踪の宣告が解除されたことなどによって、相続人の人数が変化することなどを言います。

こう言った場合、相続税の申告期限(相続人が死亡した日から10ヶ月間)を延長するように申請することができます。

そして更に延長された期限内で、相続人同士で財産分割を行い、再び申告書を提出すると言う流れになります。

すでに申告を済ませている場合においては、修正を行うこともできます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての経験でわからない事ばかりでしたが、とても丁寧にきちんとしていただけたので、とても安心してお任せすることが出来ました。思っていた以上にたいへんなのでやはりプロの方にお願いして良かったとつくづく思いました。長い間お世話になりどうもありがとうござい […]

1.誠意ある業務の遂行 2.信頼感 3.個人的には聡明な方

スムーズな対応で安心してお願いできました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る