相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

一親等の血族とは

一親等の血族とは

一親等の血族とは、ご自身から起算して親または子を指します。

血族には血のつながりがある自然血族のみならず、養子縁組関係を結んだ養親・養子という法定血族も含みます。

つまり、一親等の血族とは、ご自身を基準とした場合、実親・実子・養親・養子の四者を指すことになります。

なお、兄弟姉妹はご自身を基準にして二親等の傍系血族にあたります。

傍系血族間については、婚姻に関して問題となります。

三親等までの間柄での傍系血族では婚姻関係が禁止されます。

近親婚が血を濃くして生物学上問題があるとともに倫理上・社会心理学上もインセストタブーに該当するためです。

そのため、おじおば・おいめいの間柄までは婚姻が禁止されますが、その子との間の婚姻は問題がありません。

つまり、いとこ間は四親等の傍系血族に当たるので、婚姻することに問題はありません。

さらに、二親等の傍系血族であっても、例外的に婚姻が許される場合もあります。

兄弟姉妹の間柄が養子と実子の関係の場合、生物学上も倫理上のインセストタブーの問題が生じないため、婚姻関係が成立しても問題がありません。

養子が複数いる場合の養子間においても婚姻は許されます。

相続の権利と相続分

相続は原則として第一親等の関係で生じます。

つまり、親が死亡すれば子、子が先に死亡すれば、その子または親が相続人となります。

なお配偶者は常に相続人です。

ただ、一親等で相続が生じるというのは一般論であり、実際にはさらに複雑です。

ご自身を基準として子がいた場合には、子が相続人となりますが、子が先に死亡していても孫がいれば、孫に相続権が生じます。

子がなく親が死亡したあとにご自身が死亡しても、祖父母が存命であれば、祖父母が相続人となります。

このような制度を代襲相続と呼びます。

さらに、子等の卑属、親等の尊属がない場合には兄弟姉妹に相続権が生じます。

兄弟姉妹については一代に限り代襲相続が生じます。

また、配偶者は常に相続人となります。(民法第889条)。

法定相続分は、卑属と配偶者が相続人の場合は各2分の1ずつ、尊属と配偶者が相続人の場合には、3分の1と3分の2、兄弟姉妹と配偶者が相続人の場合には、4分の1と4分の3となります。

この法定相続分は遺産分割で異なる相続分とすることができます。

平成25年判例による非嫡出子の相続分平等化

さらに、平成25年の判例により、嫡出子と非嫡出子の間で相続分は異ならないこととなりました。

嫡出子とは婚姻関係のある男女間に生まれた子をいい、非嫡出子とはそうでない子を指します。

この両者において相続分が異なることは、合理的ではないと判断されました。

 

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

面接、電話等、とても丁寧にご対応くださいました。 どうもありがとうございました。

かなりの時間を要する覚悟をしていたのですが、早め早めに処理して頂けたので、 すごく早くに対応して頂きとても助かりました。 担当の方も、とてもていねいに分かりやすく説明して頂いたりと、信頼できる方で本当に良かったです。

初めてお出会いしましたが、きめ細かく常に親切に接していただいたところです。 相続税については全く知識がなく、幾分か戸惑いもありこの資料が必要か否か 何が資料として必要かなどわからないことばかりでしたが、わかりやすく、 依頼者の立場に立って業務を遂行し […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る